FC2ブログ

つらつら~~

個人的趣味の鉄道模型のやっつけ工作を中心に…。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018/03/31

近代型詰所 小物の手配

皆さん、年度末いかがお過ごしでしょう、か?唐突ですがさとうです。
 いやねぇ、もうねぇ、なんだかんだでいつもの通りなんですが、やっと今日になって気が向いたんで更新してみようかと。
これの続き。

建物本体の手配は付いたんで次は中物とか小物です。まずは外廊下から。これは基本的に切り出してゲート跡と突き出しピン跡などを仕上げます。
基本的には面出しです。
ヤスリと600番くらいのペパーで面出しします。引き続いて階段部分。こちらは階段両脇の面出しをして部分的に組んでおきます。
塗り分け考えると……
 そして屋根上のベンチレーター。こちらもパーツを仕上げて組んでおきます。
結構派手にバリが出ていたんだなこれが。
さらに建物前のフェンス。こちらは小さくて折れやすいので慎重にやります。でも、

壊しました

足が、足がぁ!
仕方が無いのでプラバンで適当に補修。
白いところね。
ドラム缶とエアコン室外機もなんぞもバリ取りをして、
細かいので精密ヤスリ大活躍
とりあえず必要なパーツはそろいました。
紛失注意

 次からは塗装の話でいってみようかと。
つづく。
スポンサーサイト

2018/02/11

近代型詰所 建物全体の仮組

どうもどうもさとうです。
 先日までの商家につづいて、次のネタを、と思いつつ過ごしていたんですが、本命のネタをやる前に前振りとしてやらなければならない感じのネタがあったんでこちらにします。
 さて、次なる建物なんですが、まあタイトルでバレバレなのは毎度のことです。商家より古いキットなんですがこちらです。
一応最近のロットです
キットそのものの設計は古いんですが、まあちゃんと組めばかなり見栄えのする製品なんで、線路脇の建物充実という感じで組んでみました。
 まずはランナーごと下塗り。今回も黒立ち上げ塗装にするんでガイアノーツさんところのEX-ブラックにすこーしだけフラットベースを入れて軽い半艶にしてあります。
裏表まんべんなく
その後、ベースと屋根をとりあえず切り出し。
結構でかいです。
ここまで来るとやはり1部の壁面も切り出して様子を見てみます。ゲート処理と抜き勾配処理をしてから仮合わせ。
まだ風通しが良さそうですがなにか?
建物壁面にはでかいひけがあるので高粘度瞬着で埋めて成形。このとき、ついうっかり2階廊下を支える部分を削っちゃったんですが、まあ大勢には影響ないかと。
突き出しピン後がでかでかと  テヘ☆
もうここまで来たら側板切り出して合わせてみるしかないよね、という感じで合わせてみます。
実は合いはまあまあ良かったりする。
という感じで建物の大勢までは組んでみました。後は細かいパーツの調整ですが、まあ後はまたそのうちという感じで。

つづく

2018/01/27

【完成報告】GM商家【今更ながら】

新年明けきっているうえに

2ヶ月超ぶりの更新です。

まあ毎度のことながら報告が遅いんですが、載せる予定の写真が

ブレブレ

だったんで撮り直さにゃならんなぁ~~、と思いながら早幾年という感じでした。んでもってこれの続きで

完成報告♪

という感じでとりあえず1軒ずつ行ってみたいと思います。まずは立山米穀店です。
米屋正面 米屋裏面
建物的には比較的平面な正面パーツと入母屋屋根の組み合わせです。裏面については一旦パーツを切り取って後面に張り出して組み立ててます。張り出し部の屋根はエバーグリーンのスジ付きのプラシートです。んじゃ次。
文房具屋正面 文房具屋裏面
文房具の松場堂です。こちらは平面的な正面パーツと切妻屋根の組み合わせです。切手も売っているようなんでポストも付けておきました。裏面はキットのままの窓無しです。では次。
IMG_8293.jpgalt= 食料品店裏面
食料品、雑貨の又七商店さんです。食料品店らしく自販機を他とは多めに付けてみました。ただ、たばこの張り出し部の寸法が微妙に合ってなかったんで正面パーツの方を調整してあります。後ねぇ、たばこの看板の位置がこれでいいのか、と言う課題があるような無いような、です。それと、この建物にしてはたばこの自販機が近代的すぎます。では最後。
衣料品店正面 衣料品店裏面
おしゃれ用品「タケダ」さんです。これが一番手をかけてないかぁ、と思ったら裏面いじってました。他の建物もそうですが、後は店正面部分のポップとか、のぼりとか、置き看板とかもあっていいのかなぁ、という感じですね。
 とまあそういう感じで1年半くらい前に上がっていました。後は、レイアウトでも作ってこの建物達を並べてみたいところではありますが、

先立つものと場所がありません。

と言うことで、単に建物を作る話はまだまだあるという感じです。

んじゃまた。

2017/11/19

GM商家 小物の取り付け

どうもどうも、さとうです。毎度のことながら放置プレー^していましたがなにか?
という感じでこれの続き。

 建物は一応完成という感じなんで、後は小物の取り付けです。やってみると、ストラクチャーの工作ではこれが一番面倒くさいといえば面倒くさいんですが、1つパーツを付けるたびにイメージが変わるんで結構楽しかったりします。
 さて、まず付けるのはキット付属のパーツからです。まあ店の看板とかなんですがね。キットには看板パーツとステッカーが付いています。看板パーツは本体塗装とかの時に一緒に塗ってあるんで、後は店の雰囲気に合った物を選んでいきます。看板の文字はステッカーですが、このキットのステッカーは同じシリーズの看板建築用やむしこ造りの民家用の看板も入っているので、今回組んでいる建物に使えそうな物を選んでいきます。とは言っても、結構な種類が入っているのでどれにするか迷うくらいです。と言うことで迷った結果、こんな感じです。
一通り必要な店はそろっているかと
さて次は小物のたぐい。キット付属品では郵便ポストがあるので文房具屋の横に設置。こちらさんでは切手も売っているという設定なんでねぇ。さらに、さんけいの自動販売機を使ってそれぞれの店の雰囲気に合った自動販売機を付けていきます。
横から 正面から
それぞれの店は角店の設定のようなんで、正面入り口以外にも横にも自販機を設置します。さて、自販機を設置したならその横に必ずある物を作ります。空き缶入れと吸い殻入れです。
設定年代ではちと違うかもですが
空き缶入れはプラバン積層から削り出し、吸い殻入れはプラ角棒からの削り出しです。寸法は近所にある実物を適当に指で採寸しました。
そして取り付け。
たばこ売り場の脇に 自販機の横に
まあ一応これで完成という感じなんで、次は

完成報告♪

という感じでやらしていただきます。忘れてなければ。

2017/09/30

GM商家 2階の床と土台

有蓋、鉄側有蓋、冷蔵、鉄製有蓋、タンク、車掌

はい、これを貨車記号でいうと……、

ワ、ス、レ、テ、タ、ヨ

さとうです。ほんとは忘れてたわけじゃなかったんだけどね。まあそんなこんなで今更ながらこれの続き。
 そうなんすよ。2階から1階の窓が見えるんすよ、と言うことで、一旦ばらして2階の床を入れます。材料は1mm厚のプラシートで、床部分はウッドブラウン、1階の天井側はマホガニーで塗っておきます。んでこれを入れながら再組み立て。2階の窓からは当然ながら

床が見えます。

窓からちらり
 さて、これでほぼ建物としては完成なんですが、この建物には

ベースがありません。

と言うことで、ベースを作ります。一応、KATOのジオタウンに合わせる方向性で、1mm厚と0.5mm厚のプラシートを適当に重ねて作ります。
んでもって塗装。まずはベースカラーの黒を塗って、
真ん中のは無視してちょ
次に土部分のサンディブラウン。
当然ながらガンガンつや消し
さらにマスキングした後にコンクリート部分にニュートラルグレーとガルグレー
ちと暗い → これで良し、かな?
とまあそんな感じで作りました。
マスキングを剥がすと
 さてこれらを建物に取り付け。今までなんか違和感あった建物が気持ちだけジオラマっぽくなります。
まだ生活感はないけど
後は小物を付けていって、完成の彼岸まで持って行きます。

つづく

ホーム

HomeNext ≫

 

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

さとう利明

Author:さとう利明
記事は暇なら更新。あまり期待しないでご笑覧を!
カテゴリー欄はその車輌の投稿順になってます。まとめて読みたい方は対象物あるいは月別アーカイブからどうぞ。
お願い!
アダルトサイトへのリンク、もしくはアダルトサイトのURLが記載されているコメントは発見し次第削除します!
メールは下のメールフォームからどうぞ

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。