つらつら~~

個人的趣味の鉄道模型のやっつけ工作を中心に…。

2011/04/26

ウラヤス その3

どうもです。さとうです。この辺からは、話の内容が重くなって行くんでなかなか先に進めない状況が続いていました。まあそれ以外に、

週末飲み過ぎて更新できなかった

うえに、

せっかく書いた文章を誤って削除

と言う大ポカをこいてしまいました。でも何とかします。これの続きです。

 さて、舞浜から一駅戻った

新浦安

にご到着です。ホームの感じでは、線路もホーム側壁も

舞浜と同じくらいの壊れっぷり

です。いやでも、あの地震で高架橋の部材がよく無事だったなぁ、とつくづく思います。それと、おそらく震災当日は

もっとひどい状況

だったんでしょうねぇ。懸命に修理を担当して下さった係の人に感謝します。
 さて、改札口に降りてみます。まあね、ここもやはり

節電対策

なもんで、

改札口周辺は薄暗い

状況なんですが、どうにか改札を抜け、駅舎の階段を降ります。やはり、階段の最下段と地面との間に

想定外の段差

があったりします。で、どうにか階段を下りて街を見ると、

「……」(絶句再び)

の状況です。舞浜より更に

平面と垂直な物がありません。

震災後の余震のせいで地面が揺れている感覚が続いている者としては、もう何がなんだか、の状態です。
 で、この駅で降りた目的は、「個人商店でのお買い物」です。まあ個人商店とはいっても、探しているのはコンビニですけどね。できればこの街で、

税金たっぷりのお買い物

ができれば良いな、と、まあ、そう言う風に考えていたんです。そこで、親愛なる読者の方が携帯ナビで駅近くのコンビニを検索したところ、最も近くには「すぐ、そこ」のお店があることがわかりました。実際に行ってみると、店の前の地盤が沈下しすぎていて閉店状態でした。仕方がないので、次に近そうな「開いてて良かった」のお店に行ってみると、店の建物が路面から数十cm浮いています。でもこの店は、歩道と店との間に急ごしらえのスロープを造り、

元気に営業中!

でした。
 できればここで、

税金たっぷりのお買い物

がしたかったんですが、あいにくと店には置いていないらしいので、缶コーヒーを買って退散します。でも、表通りの様子を一通り見て歩いた者からすると、

缶コーヒーはいつもより苦めでした。 

 駅までの戻りは、メインストリートから1本入った道を歩いてみます。道の整備はメインストリート中心で進められていたようで、まだそこここに縁石の崩れやアスファルトのひびが散見されます。パッと見た感じ、あのわずか数分の地震で、

道路予算数年分

が吹っ飛んだ感じです。もう本当に言葉少なく街を歩いていたんですが、浦安市のみなさんが、それでも淡々と日々の暮らしをしている姿を見て、少し胸が熱くなってしまいました。
 駅に戻り、駅構内の「新しい日々」のお店でやっとこ

税金たっぷりのお買い物

を果たしたワシらは、ホームの隅っこで買い物したブツを飲んで、反省会をしました。

税金たっぷりの飲み物もやはり苦うございました。

 そんなこんなで新浦安を後にし、更に比類無き読者の方と待ち合わせをしている池袋に向かうため、新木場からはりんかい線に乗車。ワシ的には、りんかい線の新木場→国際展示場は未乗区間だったんですが、親愛なる読者の方と

車内反省会

を続けたため、

さっぱりその間の記憶がありません。






また乗りに行きます。

2011/04/22

ウラヤス その2

 長くなったののでこれの続き。

 まずは降りた電車をお見送りしてからホームと線路の観察です。はい。

どちらも歪みまくりです。

そりゃこんだけ線路が曲がっていれば揺れまくるわな、と言う感じです。で、そんなホームを後にして改札口に向かいます。まあね、予想通り改札口周辺は

真っ暗状態

なんですけど、どうにかこうにかコンコースに出ます。この辺りはタイルの歪みが若干あるかな、と言う感じで、まあそれほどでもないかと言うくらいの壊れっぷりでした。上から見た感じだと良くわからんと言うことで、階段を下ります。この階段からして、

なんとな~く曲がってね?

と言う感じだったんですが、これはこれから先の正に

イントロダクション

です。
 で、下まで降りてみると



「……」(絶句)


平面と垂直な物があまりありません!

まずはワシらが降りた階段の降り口からして地面とは予想を超える段差があったりします。そして、歩道のあちこちには

アスファルトで補修した後が黒々と

その場所を主張しています。まあさすがにここは

夢の国

の入り口なので、あまりにもひどい箇所は丁寧に補修されていたんですけど、それでも車道もボコボコです。
 まあそんな中でも

夢の国

はがんばって営業中です。多分、中も大変なことになっていたんだろうなぁ、と思ったんですが、中に入っていないので詳細は不明です。周囲の状況からして1ヶ月そこそこで営業再開までこぎ着けたとは、

夢の国の中の人たち

もかなりがんばったんでしょうねぇ。やはり、夢の国は、これからの日本人の「夢」を支える存在であって欲しいと思いました。
 さて、次は蘇我方に一駅戻った

新浦安

駅に向かいます。

 もう1発続きます。

2011/04/21

ウラヤス その1

さとうです。
 先日、当ブログの

親愛なる読者の方(男)

から電話がかかってきまして、急遽出かけることになりました。題して、

東日本大震災による液状化現象における鉄道構造物への影響並びに地域社会復興への取組

という方向性で出かけてきました。出かけた地域はタイトルの通りなんですが、待ち合わせ場所が東京駅だったもんでまずは京葉線で向かいます。
 さてこの京葉線。東京から新木場までは

地下

なんで、さほどどうってこと無く新木場駅までご到着です。で、その後、高架区間に入ったとたん、

なんか横揺れが激しくね?

と言う感じでした。乗った電車は快速蘇我行きだったんで、葛西臨海公園は通過。次の舞浜では

営業再開の夢の国

へのお客さんが多数下車していらっしゃいました。で、大揺れに揺れて蘇我にご到着です。
 駅前の雰囲気としては、何となく道がうねっているかな、と言う感じのみで、駅前の店も

普通に営業中

でした。
 蘇我駅での見聞を広めた後、今度は快速東京行きで折り返しです。

節電運転

の影響で室内灯並びに空調切り状態の電車で、正直言って若干車内が蒸し暑かったので、車掌さんも「窓開け推奨」の放送を入れていました。まあワシらは、

この道すでに40年近く

のベテランさんですんで、電車の窓明けくらい普通にこなします。おじさんたちが子供の頃ってのは、

窓開けて走る電車

ってのが普通だったんだよ。
 ところが、

最近の若いモンは、


電車の窓が開くことを知らない

ようでして、電車の窓は飾りモンで全てロックがかかっていると思っていたようです。まあ確かに、開け始めってのは若干堅めだったりするので開け難いんですが、くれぐれも言っておきます。

電車の窓は基本的に鍵はかかっていません!

もし若干コツがあるとしても

子供でも開けられます!

ですので、これからの季節、冷房電源の節電のためにも、必要ならばみんなで、

開けられる窓は開けましょう。

きっと、「季節の風」を感じることが出来ます。
 さて、せっかく来たんだからどこかで降りるべ、と言うことで、

営業再開した夢の国

の最寄り駅である

舞浜

に降りてみました。
 長くなりそうなので続く

2011/01/16

南武枝線・鶴見線たくさん下車

おはこんばんちはぁ、さとうですぅ。

 青春18切符を無理矢理余らせてお送りする

全駅下車!

企画のその2です。今回は、全駅下車じゃなくて、

たくさん下車

なんですけど、対象にした路線で、すでに近年下車した駅があるんでねぇ。だもんで、ちょっくら中途半端な状況になっています。対象としたのは、

南武枝線(尻手→浜川崎)



鶴見線
です。決行期日は平成23(2011)年1月10日です。しかも今回は、ワシ1人じゃなく、古くからおつきあいのある、当ブログの

親愛なる読者の方(男)

と一緒です。
 で、待ち合わせ駅。尻手からスタートです。
尻手駅駅舎
まずは南武枝線です。駅順は、
尻手→八丁畷→川崎新町→浜川崎
ですが、いつもの通り効率優先で降ります。まずは川崎新町。
川崎新町駅ホーム川崎新町駅駅舎
ヤードの中の小駅、と言った趣です。駅前も無機質な空間が広がっています。
 次は八丁畷
八丁畷駅駅舎
いきなり京浜急行さんの駅ですが、京浜急行さんとの共同使用駅なもんで。駅員さんも京浜急行さんの社員ですが、もちろん南武線から来たと言うことで、青春18きっぷでも乗り降りできます。あ、もちろん、

青春18きっぷで京浜急行さんには乗れません!

京浜急行さんに乗るときはちゃんと切符買って下さい。
 と、なんだかんだで浜川崎にご到着です。
南武線浜川崎駅駅舎
ここは行き止まりホームで、ホーム上に花壇もあったりして少しほっとする駅です。さてここで、ワシらは鶴見線に乗り換えるわけですが、駅前の道を渡ったところに鶴見線の浜川崎駅があります。おそらく現状では、同じ駅名の駅で改札を抜けて乗り換えさせられる駅はここだけかなぁ、と思います。昔は、石巻(仙石線と石巻線)なんかもそうだったけど、今は同じ駅だしなぁ。で、鶴見線の入り口は↓
鶴見線浜川崎駅入り口
線路はつながっているんですけど、

貨物にでもならないと通れません。

と言うことで、人間様は歩いて移動です。
 さて、鶴見線ですが、ここはちょっくらややこしい状況になっています。駅は、
鶴見線 鶴見→国道→鶴見小野→弁天橋→浅野→安善→武蔵白石→浜川崎→昭和→扇町
海芝浦枝線 (浅野)→新芝浦→海芝浦
大川枝線 (安善)→大川
で、このうち、ワシら的に比較的近年降りた駅として浜川崎、大川、武蔵白石、浅野、海芝浦、扇町となっているので、今回はこれ以外の駅に降りてみようと言うことにしました。ただワシ個人的には、新芝浦にも降りているんですけど、ここはちょっと面白い駅なんで「親愛なる読者の方」を降ろしてやろうとの魂胆もあります。扇町については、降りてはいるんですけどまあせっかくだからまた行ってみるか、と言う感じになりました。それと、これはワシら2人で前に出かけたとき、安善駅にも降りていると言うことが、

安善駅に降りたってわかった

んですけど、これはまあ後のまつりと言うことで。
 それにしてもこの鶴見線。休日の昼間に走っている列車が少ないんでねぇ。まあそうは言ってもある程度適当に降ります。まずは昭和です。
昭和駅ホーム昭和駅駅舎
のっけからやってくれますが、ステンレス電車よりも旧型国電が似合いそうな駅です。駅前は昭和電工さんの工場なんで、工場の回りをちょこっと散策して退散します。ちなみにこの昭和電工さんの工場は、「工場萌え」の聖地なんだそうです。
 さて次は弁天橋です。
弁天橋駅駅舎
ちょっと昭和モダンな感じの私鉄の駅、と言ったところでしょうか。大都市近郊私鉄の中間駅という趣です。さてここには

鶴見線の聖地

があるので行ってみました。
昔の弁天橋電車区です。
看板までね。

中見たって最近は面白くないし、それよりも、

部外者立入厳禁地帯

なんでねぇ。看板見ただけで退散します。
 さて次に向かうは鶴見小野駅です。
鶴見小野駅ホーム鶴見小野駅駅舎
駅舎の感じが、いかにも1970年代という感じです。何となく、夏の夕暮れが似合いそうな駅です。
さて次は新芝浦。
新芝浦駅駅舎
ここは駅前が東芝さんの工場で、駅舎を出ると駅前の横断歩道だけしか行けません。今は駅舎内もがらんとしているんですが、以前は夕方にここに行くと、ちょっとした即席の立ち飲み屋が出来て、工場帰りの人たちがうまそうにビールを飲んでいる光景が見られました。
 さてホームの向こうは
新芝浦駅ホーム
海芝浦駅ホームの広々とした感じはあまり無いんですが、ここも岸壁に設置されたようなホームなんで、かなり「海」を実感できると思います。ただ、

海芝浦より知名度が低い

んですよねぇ。
 さて次は、電車の都合で一旦扇町。
扇町駅駅舎
何度も降りてるからパスしようかとも思ったんですが、行けそうなら行ってみようと言うことで。ここは貨物中心の駅なんで、JR貨物さんの駅舎の方が立派です。
 さて次は国道。
国道駅ホーム国道駅入り口
この駅の感じは、もうね、1940年代です。ホームの階段を下りるときなんかは、ちょっとした探検気分ですね。改札口の様子も、
国道駅改札
誘導ブロックと乗車証明書の発行機がなければ

博物館行きレヴェル

の代物です。ええもちろん

今なお現役

の品々です。
 さて、ぼちぼち腹も減ってきたんでメシ屋を探すんですけど、鶴見線沿線にはほぼメシ屋は壊滅状態なんで、国道駅から歩いて鶴見に向かい、その途中でメシとします。
鶴見駅鶴見線ホーム外壁
 さてメシも食ったところで、再開します。
鶴見駅鶴見線改札
青春18きっぷとかで外から直接このホームに向かうときの通り道がよくわからなかったんですけど、精算用の改札を素通りして入ります。
 次に向かうのは安善。
安善駅駅舎
この駅も貨物ヤードの中の駅という感じで、周りにはタンク車がゴロゴロしてます。ワシら、この駅は降りたことがないと思っていたんですけど、ホームを見上げたとたん、強い

既視感

にとらわれまして、親愛なる読者の方と検討したところ、

23年10ヶ月前に降りている

と言う結論に達しました。ついでながら、親愛なる読者の方は、その辺に転がっていた米タンを見て「萌ぇ~っ」となっていましたけど、ワシ的には、

一昨日も見ている

んでどうでもいいかな、と言う感じでした。
 さて、これにて一応、

南武枝線・鶴見線たくさん下車終了

と言う感じなんですが、すでに降りている駅を合わせるとワシ的には、

南武枝線・鶴見線全駅下車達成(パチパチ、ヒューヒュー)

と言うことになりました。




おしまいな。

2011/01/13

五日市線全駅下車

やーやどうも。さとうっす。
 当ブログではほぼ

毎年恒例

となっております、

青春18きっぷを無理矢理余らせて

お送りする

全駅下車!

企画です。
 でもねぇ、マジで今回は、

かなり悩んだネタ

なんです。でもまあ、青春18きっぷの

トータルコスト

を考えると、結局

無理矢理余らせても

買って使った方がモト取るんでねぇ。
 で、今回の前半戦は、もうぶっちゃけ、

近すぎて気合いが入らない

路線です。タイトルの通りなんですが、

五日市線全駅下車!
です。

 ワシん家からだと、昼頃出ても余裕で終わるんで、平成23(2011)年1月8日(土)にやっちゃいました。何せ起点駅は、

天下無敵の
一応1番線
なんで、こちらの電車でスタートです。
出だしからグダグダです。
ただ、この駅には五日市線の起点標があるんで押さえておきます。
この近くに昔そば屋がありました。
さて五日市線の駅順は、
拝島→熊川→東秋留→秋川→武蔵引田→武蔵増戸→武蔵五日市
なんですが、いつもの通り適当に駅順は変更しています。ただ、今回は時刻表さえ持っていかずの体たらくなんで、効率優先といえるかどうかは不明です。まず向かったのは秋川です。
秋川駅駅名標ホームから見た駅舎
駅舎には、自転車でも通過できるようにスロープがついてます。
秋川駅駅舎
さて次は再び多摩川を渡って福生市に戻ります。
熊川駅駅名標熊川駅駅舎
この付近は、知人友人の類がたくさんいるので、見つかったらどうやって言い訳しようかと考えていましたが、どうやら見つからなかったようです。
 次は武蔵増戸
武蔵増戸駅名標武蔵増戸駅駅舎
この「増戸」という地名は、入植した人たちが、やがてここにも家が増えるように、との願いを込めて命名したんだそうです。
 次は武蔵引田
武蔵引田駅名標武蔵引田駅駅舎
駅舎を見ると、地方私鉄の小さな中間駅、と言った感じです。まあ実際、この路線は国鉄(鉄道省)が作った路線ではなく、五日市鉄道という私鉄が作った路線ですからね。ちなみにこの辺りは、畑の中に家がちょぼちょぼ、と言う状態になっています。
 次は東秋留
東秋留駅名標東秋留駅舎(?)
現在工事中でした。ここは線路の間に駅舎がある駅です。ワシが知っているところだと、後は中央本線の上野原と、東海道本線の新居町(だっけかな?もしかすると鷲津)くらいです。ちなみに、「西秋留」は現在の秋川です。
 さていよいよ終点

武蔵五日市

です。
武蔵五日市駅時刻表武蔵五日市駅駅舎
この駅舎が出来た頃、五日市行きの終電に酔っぱらって乗って、終点まで乗り越したとき以来です。で、その時は、上りの終電が無かったから、タクシーで帰りました。はい。

タクシー代は高かったです(T.T)。

でもまあ、山の入り口らしい高架駅になっています。ホーム上にもステンドグラスがあり、なかなか壮麗なムードが漂ってます。

 でこの後。五日市駅構内のコンビニで、

普通に買い物して

帰りました。






 ちゃんちゃん

ホーム

HomeNext ≫

 

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

さとう利明

Author:さとう利明
記事は暇なら更新。あまり期待しないでご笑覧を!
カテゴリー欄はその車輌の投稿順になってます。まとめて読みたい方は対象物あるいは月別アーカイブからどうぞ。
お願い!
アダルトサイトへのリンク、もしくはアダルトサイトのURLが記載されているコメントは発見し次第削除します!
メールは下のメールフォームからどうぞ

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード