つらつら~~

個人的趣味の鉄道模型のやっつけ工作を中心に…。

2012/12/01

キハ40系その2

どうもっす。さとうっす。
 まあほら色々とあったんでね、

4ヶ月前に完成している

車両で勝負するのもそろそろ限界かと思うんでねぇ。ここしばらくやっていたことをある程度まとめていこうかと、まあ、そう言う感じです。
 12系客車完成後、勢いついて完成品を完成させる作業並びに

昔のヘボ作業の後始末

を色々とやっていたんです。でまぁ、とりあえずはこちらから。
キハ40系その2キハ40系その3
やった中身は以前のキハ40系と同じなんですがね。右の方は全検上がり想定で汚し無しです。左の方。注目したいのは屋根上のクーラーなんですが、今回、ガイアノーツさんところの
   #1002 ダークステンレスシルバー
を使ってみたんです。いや、まあ、この塗料
うっ
この光り具合、

激マジにヤバいっす!!!!!!

もうね、プラ用塗料なんですよ、でもね、光り方が

実感味満点!!!!!

です。もうね、今まで金属系の色表現でさんざん苦労して、自分でステンレスシルバーを調色していた身からするともう本当に

ガイアノーツさんありがとうm(__)m

と言う感じです。
 さて、実際はこれをいじっていた頃に例の精神的ダメージを受けていたわけでして、その後は、もうね、いろんな意味で

工作増量期間

だったんです。だったんで、またすぐ次の品物にかかりました。
 と言う感じで傾向が変わるのでひとまずちょんです。

2011/11/23

キハ40系 塗装と車体組立

あるぇ、20日振りかえ?

 なんかねぇ、

職場の行事

が終わったら、多少は

精神的ゆとり

ができるかと思ったら、

全然出来ていません。

さとうです。ぶっちゃけ、もう完成してます。でもね、ほら、一応順序立てていった方が良いかという感じなんでもう1発だけ製作中の話です。
 と言うことでこれの続き。
 今回の企画以外の車両にも基板の加工はぼちぼち進めていました。

およそ2週間で20個くらい

ライトユニットのLED交換をやっていたんで、

すっかり本題の工作がお留守

になっておりました。で、その

職場の行事関連の代休

なんぞも利用しつつ、塗装作業を進めます。ただ今回は、車体塗り替えは発生しないんで、主に床下と屋根上の吹きつけ塗装です。
 使用いたしましたのは、
   屋根板及び床板 GM #09 ねずみ色1号
   台車 ガイアノーツ #012 フラットブラック
   スカート GSIクレオス #C35 明灰白色
です。なお、台車にはあらかじめいつものようにマッハ模型のメタル用シールプライマーを吹いておきます。
 でその後に、筆塗りでスカート下部のスノープラウとジャンパー栓にフラットブラックを入れて、基本塗装は終了です。
 更にその後、いつものように屋根上と床下をウェザリングします。ただ今回は、気動車と言うことで排気孔付近にフラットブラックを吹いておきます。と言う感じで終了。
車体汚しは屋根を組み込んで施工
手前に置いてあるのは塗装済みの室内床板です。
 後は窓ガラスのトイレ部分に白色を入れて組み込み。
デフォルトでは磨りガラス表現です
なお、車体に貼ってあるJRマークについては

不問と言うことでお願いします。

後はライトユニットを組み込んで床板を組んだら完成なんで、もういい加減に次は

完成報告♪

と言う感じにします。

2011/11/04

キハ40系 ライトユニットLED交換

おまっとうさんです!

さとうです。

 もういつもの言い訳になってしまいますけどね、ほら、ワシだって色々と

カタギの仕事

ってのがあるんですよ。ここんところは

職場の会議が長かった
職場の行事だった
職場の近くで飲んだくれていた

といった状況でして、記事アップがなかなかねぇ~~っ、と言う感じでした。まあそれと、これから書く内容のことにかまけていたってのもあったんですけどね(¨;)。
 と言うことでこれの続き。
 さて、今回ネタにしているKATOのキハ40系なんですが、ライト関係はLEDによる点灯となっています。元々は電球による点灯だったんですけど、1997年くらいの再生産時からLEDに仕様変更されています。ところがこの時代、まだ電球色のLEDは作られていないか、あってもものすごく高価だったので、鉄道模型の点灯用としてはあまり使われていませんでした。何せこのころ、白色LEDも1個1500円位してましたからねぇ。今ならまとめて買えば1個あたり70円くらいです。でもって、ヘッドライト用には黄色LEDが使われていました。点灯状態としては↓
暗い~~~~
これ、ヘッドライトが点灯しているんですけど、

点いているんだかいないんだかわからん

と言う感じです。でもって、今回の企画をしたときに、せめて白色LED化して、LEDそのものを着色して電球色にしてみようと思っていたんです。でもって、とある電子パーツ屋さんに白色LEDを

100個ほど

発注いたしました。で、LEDの交換をしてみます。まあどうせやるなら方向幕の点灯化とかの企画もあったんですけど、そこまでやるのも面倒なのでLED交換のみです。まずは基板の状況から。
ライト点灯基板
奥の黄色がヘッドライト用で、手前の赤色はテールライト用です。今回は黄色LEDを白色に交換します。使用いたしましたのは、
これ
NSPW300DS(b2W)

です。照射角は20°だそうなんで、ヘッドライト用には良いかな、と。
 でもって、元の基板を工作台に貼り付けて、
下はガムテープ
半田を溶かして吸引線で吸い取り、黄色LEDを外してあたらめて白色LEDを半田付け。
隣は黄色LEDの残骸
この間、わずか3分足らずです。
 その後、基板単体での点灯確認をしてからクレオスのクリアーオレンジで着色。更に車両に戻してテスト。
あっかる~い!
冒頭の写真と比べると明るさが断然違います。まあぶっちゃけ、直径3mmの電球色LEDがあればその方が良いんですけどね。まあ入手したのが白色なんで。でもこの試作品ではちょっと白すぎるかな、と言う感じです。次回作からはクリアーオレンジの塗り量を増やします(ってか、増やしました)。
 さてこれで、わざわざ

限定品を使った試作

は終了したので、この後順次手持ち車両のLED交換を進めていきます。まあほら、秋の夜長ってのは塗装するのも何となくねぇ、だし。対象となる車両は

80両くらい

あるんでねぇ。そのうち本題のLED交換もしようかな、と、まあ、そう言う感じです。

続く

2011/10/10

キハ40系 内装内壁の塗装

毎度の事ながら

ネタ貯めてました。

さとうです。これの続きです。

 ま、この辺は大したこと無いです。ただね、室内壁の色が良くわからんという感じだったんです。キハ40-2000番台とキハ47-1000番台とキハ48-0番台は客室の壁色がクリーム9号(Y2.5 7.8 1.5)だろうとの想像はついていたんです。で、キハ40-500番台初期型は淡緑1号(GY10 7 1.8)だったよな、と思っていたんです。でまあ、問題のキハ47-0番台については、ワシ的印象だと淡緑1号のような気がしていたんです。でも、うろ覚えの記憶をさかのぼってみると、淡緑1号の車もいたしクリーム9号の車もいたし、と言うことでどうしたものかと思っていました。

が、しかし、



答えがありました。


正解は



どっちもあり!


だったんです。
 RP805号のキハ40系特集によると、昭和53年度本予算車までは淡緑1号、昭和53年度第2次債務車からクリーム9号となっています。ちなみにその間の昭和53年第1次債務車は客室壁がうす茶色4号(YR8.5 6.8 2)って言う別の色です。で、キハ47-0番台車には昭和53年度第1次債務車はないので(多分)、淡緑1号とクリーム9号で行こうと言うことにしました。おそらく、33号車までが淡緑1号、34号車からクリーム9号ではないかと、まあ前記特集号の車歴簿を見て想像したんですわ。ねらっているのは国鉄末期に向日町運転所に所属して、主に山陰本線京都口でブイブイ言わしていた連中にしようかな、と思っているんで、今回購入のキハ47-0番台5両の内、4両を淡緑1号、1両をクリーム9号にしてみます。まあワシがまだマメだった頃の山陰本線京都口の編成記録からナンバーを拾うつもりなんでねぇ。
 でまあ、使った色は、
 乗務員室内 自家調色 淡緑3号
 客室内   GM#41   ブルーC(伊豆急ベールブルー)
       自家調色 クリーム9号
 ドア内面  自家調色 ステンレスシルバー
ってな所です。自家調色が多いんですけど、まあこれは以前に作った残りものがメインですんで、新たに調色し直したのはありません。
塗りました。
奥がキハ40-2000番台、手前がキハ47-0番台です。で、この後、車体外面の色々をやっておきます。
 方向幕        ガイアノーツ #002 ピュアブラック
 靴刷り、ドアハンドル GSIクレオス  #C8  シルバー
と入れた後にはみ出し部分をタッチアップしてなおします。
まあこれくらいで勘弁しておくか
後は椅子板の塗装があるんですが、ここまでやったところでガス欠。椅子板塗装は現在進行中です。で、それと並行しつつ、

内職仕事

みたいなことをやろうかな、と思って進行させています。で、次は、内職ネタです。

つづく

2011/10/09

キハ40系 分解

あ、そうですね、さとうです。

 では次のネタ行ってみましょう。前回は塗装済みキットをいじる企画でした。でもまあね、一部については

塗装済みキットの塗装を剥がす

ってな感じでしたがね。でまあ、次は久々に

完成品を完成させる

作業をしてみようかな、と言う感じです。このネタ、鉄道模型をやってない人だと



な感じかと思います。わざわざ完成しているんだからそのままで良いんじゃね?とお思いでしょう。でもね、量産品ってのは基本的にはできあがっているんですけど、まあちょっと

かゆいところに手が届いていない

感じなんです。まあ塗装済みキットを組み立ててあるような状態とでも言うんでしょうか。なもんで、いわゆる1つの

ワシ仕様

にしてみようと言うことなんですわ。
 で御題は、ここんところ、

10年前に買ったキット

とかをいじっていたんで、この8月末に発売された製品とその関連製品をいじってみようと思います。ネタはタイトルの通りですが、

KATOのキハ40とキハ47-0番台

です。
 やろうと思っていることは、

 室内の塗装(壁、椅子板など)
 床下と屋根の再塗装
 出来ればナンバーの変更
 ヘッドライト用のLED交換

などです。
 これらのメニューをやるために、ワシんちではテスト走行もせずにまずは
バラバラ~~
まあ常人からは考えられんでしょうな。今回は台車の塗装もやるので動力台車も分解です。
 そしてこの状態から組み上がって行くところをお送りしようかな、と。まあ、そう言う方向性でやってみます。まあ工程自体は一部を除いて何度もやっていることなんでどうって事はないんですが、作業時間の制約とかLED交換は他車も含めて施工しようかな、とか色々とあるので、これらが再び組み上がるのは

1ヶ月くらい先

になりそうです。
 ではこれにて続く

ホーム

Home

 

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

さとう利明

Author:さとう利明
記事は暇なら更新。あまり期待しないでご笑覧を!
カテゴリー欄はその車輌の投稿順になってます。まとめて読みたい方は対象物あるいは月別アーカイブからどうぞ。
お願い!
アダルトサイトへのリンク、もしくはアダルトサイトのURLが記載されているコメントは発見し次第削除します!
メールは下のメールフォームからどうぞ

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード