つらつら~~

個人的趣味の鉄道模型のやっつけ工作を中心に…。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/11/16

キハ58 ライトユニット

うぃ~~っす、さとうっす。別に酔っ払ってはいないんですが何か。
 ほらうちって、更新がぱったり止まったと思ったらその後は

連続投稿

ってのがよくあるでしょう?まあ正直

気が乗った

という感じでしょうか。これの続きです。

 2年前のとんでもない事ってのは、

ライトユニットいじりかけ

だったんです。パーツ箱をあさってみると

LED式と電球式が混在

という感じだったんですわ。んでまあ、一応車体関係は終わったんでこのまま組もうかとも思ったんですが、今回はまじめに電飾まで進めるか、と言う気になったんです。まあそれに、この企画自体

2年前の積み残し

企画だしね。今回はちゃんと

けじめ

をつけてみようか、と、まあ、そういう方向性で。
まずはヘッド・テールライトユニット。
電球式
こいつらを
LED式
こんな感じにします。
まずはデフォルトの状態から
表 裏
電球とライト切り替え用のダイオードを撤去します。
 撤去後 裏
この後、元のダイオードの孔を利用してCRDを半田付け。
撤去後 表
そしてLEDを半田付け。ヘッドライト用は電球色で、テールライト用は高輝度赤色です。ついでながら、回路の構成はいわゆる「バイパス回路」なんで、LEDとCRDの極性をそれぞれ逆向きにします。もちろん、進行方向それぞれで点灯するように注意します。
完成 表 完成 裏
当然ながらLEDの足はちゃんとライトケースにはまるように高さを調整します。電球の場合はリード線が縒り線なんでそれなりに柔軟性があるんですが、LEDの足は柔軟性が無いんで。
 なお、元JR九州新急行色用のライトユニットはヘッドライト用のLEDを黄色から電球色に変更するのみです。
 後は夕庵式室内灯ユニットも中途半端に作ってあったようなんで数をそろえます。
ずら~り
足の処理の仕方が4種類あるんで数を間違えないようにします。しかしまあ、久しぶりに作ってみると歩留まりが悪いのなんのって。やはり、こういうのは

熟練

が必要ですな。今後精進します。
と言う感じなんで、後はライトユニットを組み込んでと言う感じなんで、次はもうめんどくさいので

完成報告♪

と言う事にします。
スポンサーサイト

2014/11/15

キハ58 車体完成

ちす!さとうっす。
 またまたいろいろありまして、更新滞りました。何せねぇ、ここには書けないネタでなんだかんだあったんでねぇ。

え?仕事?

あーそんなのもありましたねぇ-(斜め上の遠くを見ながら棒読みで)

いや仕事がらみじゃ無いんだけどね。まあそれはいいとしてこれの続きだべ。
 標記終了の車体は上塗りして屋根と組み合わせます。車体の上塗りはGMのつや有りクリアーと半艶クリアーの半々ブレンドで7分艶くらいを目指します。
遠目の写真だから艶の感じもわかりませんなぁ。
そして車体をマスキングしてウェザリング。
数大杉!
これ以外にも追加で塗った床板なんかもウェザリングします。今回は気動車なんで排気口付近をつや消し黒でガンガン汚そうと思ったんですが、黒を吹いた後にその他のウェザリング色を吹いたんで、なんかメリハリが無くなりました(T_T)
ただ汚いだけ
その後、ガラスを組み込みます。なお、2輛は車体更新車設定なんでHゴムを黒に塗り直したパーツを使います。
とりあえず前面ガラスをはめてみました之図
この後当然側面ガラスも戻します。
 さて後は下回り組んだら終わりだなぁ、と思っていたんですが、これ用の保管パーツ箱をがさごそしていたら2年前のワシ、とんでもない事もしやがっていたんですなぁ。と言う感じなんで、そのとんでもない事の作業が続きます。

とんでもなくなったら続く

2014/11/02

キハ58 車体表記

先月はいろいろあったんで更新滞りました。ま、世間の皆様方からすると、

どうでもいい事

なんですがね。まあそんなこんなでこれの続き。

 昔さぁ、ガッコのセンセに

わからない事があったら辞書で調べましょう

とか言われてたんですけど、最近じゃあ

わからん事はググレカス!

という感じなんでしょうかねぇ。ただ、辞書で調べるってのは実は大切な事なんすよね。検索した上で情報処理もしなきゃ使えるデータにならんからねぇ。という感じで、とりあえずは58系気動車の車歴についてググってみたところ、

ほぼ全車の車歴が載っているすごいサイト

を見つけたんです。いやはや、そのサイト管理人の方に感謝いたします。ところがそのサイト、

車輌ごとの配置履歴

なんでそれをベースに

時期と区所ごとの配置表

に起こし直します。一応狙ったのはキハ65が4輛以上配置されている本州の配置区所で、車体更新車もぼちぼち配置されているであろうという時期にします。とすると、時期的には1989年から1990年くらい。本州の配置区所でと言う事になると山陰地区かなぁ、と言う事なんで、西鳥取、米子、福知山、豊岡あたりの89年4月現在で配置表を起こします。
1輛1輛の配置履歴から起こすのでほぼ全車分見てしまった。

んでこれを元に全車分貼り付け。結局、全車西鳥取運転区配置車にしました。まあ

キロは87年度内に全廃

だけどね。
基本的には製造番号のみの変更
なお、この時期の西鳥取車だと、KATOがプロトタイプとしている58型はほとんど居ないんすけどね。むしろ、TOMIX車なら何とかなるという感じなんです。でもまあ、そこんところは、

雰囲気重視

ということで。次の機会では福知山車あたりにしときます。
 さてレタリングも終わって次は上塗り。もうこの際なんで一気に進められるところまで進めます。

進めたという感じで続く

2014/10/13

キハ58 タッチアップ終わり

昨日が土曜日だと思った男、さとうです。
 いやなんか、土曜日にやってたことと昨日やってたことが頭の中でごちゃ混ぜになっていて、

あと休みが2日ある

と勘違いしていたんです。んで、あれ?と思って昨日ここしばらくの記憶を整理していると昨日が日曜だったんですよね。

こうやって人は認知症になっていく

のかもなぁ。と言うことで記憶を整理しつつこれの続き。
 戦士たちを戻した後は11輛まとめて細部塗装を進めます。基本的にはドアレールにアルミシルバーを入れて、方向幕に白を入れて、手すりの一部をクリーム4号にします。
数が多いとしんどいっす。
この写真ではキロが落ちてますが、もちろん手を付けてます。
 さてここまで進んだところで、次はインレタ貼りだなぁ、と思い再塗装した車輌を手に取ったところ、

ミシ!ベキ!

という不快な音がしたんです。もしや、と思って車体をチェックしたところ、、、、

また割れました(T_T)

やはり、再塗装した組は、おそらくですがプラ用塗料の溶剤で樹脂がもろくなっていたんですねぇ。その上でIPAに2度漬けしてブラシでこすったりしたモンだから、やはりという感じで割れたんでしょうなぁ。割れたのは今回は1輛ですが、おそらく他の車輌についてもかなり危ない状況であろう、と言うことで急いでホビセンのHPを確認したところ、まだ車体の在庫があるようなので再塗装組をすべて置き換えることにしました。


はい、ここからはただ単に完成品のメイクアップ企画です!


なんか虚しい
その後、車体置き換え組は室内から塗装。そして10日遅れくらいで足並みがそろいました。
下回りとのフィッティングが大丈夫かなぁ。多分大丈夫だと思うけど。
 その後、表記変更のためにナンバーの一部を消しておきます。
基本的には製造番号のみ変更。一部は形式も消去
後はナンバー変更なんぞをします。が、この車たちは全国的な活躍をしていた車たちなので、どの時代の何処のナンバーにするかについての調べ物が大変です。ちょっと調べ物も大変なのでこの辺で本日は終わりにしておきます。

調べ物が済んだら続く

2014/09/23

キハ58 マスキング→塗装4段目

ちす(^O^)v
 さとうっす。今日を含めて先週末は思いっきり



の予報だったんっすけど、まあある意味いい方向に外れましたな。んでもこの後、

台風崩れ

が来るらしいんで用心しといた方がいいかと。とはいってもワシんちの場合、

雪の備えはあるのに台風の備えほぼ無し

と言う

ぐでんぐでん

の状況です。避難勧告出たらどうしよう、みたいな感じです。と言う方向性で久々に帰って参りました。これの続きです。

 赤11号を塗ったほぼ2週間後、これとかこれとかが終わったんで再びキハ58のマスキングに入ります。前と同じ手順なんで詳細はかっ飛ばしますが、なんかちびちびやってたら2週間以上かかってしまいました。
月が変わってました(T_T)
時間かけてやったので吹き込みが無いかのチェックをした後、いよいよ自家調色のクリーム4号を塗ります。
プシューッ!
そして緊張の一瞬、テープを剥がしてみます。
あああああ、やっちゃってますね(^^;
まあ一応また直せばいいか、との思いを込めてです。ところで、色合いはいかに、と言うことですが、
よっしゃ、おkやろう
気持ち黄色味が強いのと白っぽいかな、という感じです。んでもまあ、GMのクリーム4号よりはましかな、と。それと、モリタの赤11号も気持ち明るいんですよね。まあ実物も見ようによってはこんな感じに見えるしなぁ、と言うことで。それと、塗り直す前よりはましだし。
 さてこれからは怒濤のタッチアップです。と、その前にAssyパーツで落とした分の車輌を復活させます。
ずん!
帰ってきたぁ!黄泉の国から戦士たちが帰ってきたぁ!(by 乙事主)

もうこの写真の時点では室内塗装は終わってます。そして、
ずらり!
この辺から11輛で行きます。だけどねぇ、もしかすると作業中に塗り直しした車たちが崩壊する可能性もなきにしもあらず。どうなることやら。

もうそろそろ続く

ホーム

HomeNext ≫

 

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

さとう利明

Author:さとう利明
記事は暇なら更新。あまり期待しないでご笑覧を!
カテゴリー欄はその車輌の投稿順になってます。まとめて読みたい方は対象物あるいは月別アーカイブからどうぞ。
お願い!
アダルトサイトへのリンク、もしくはアダルトサイトのURLが記載されているコメントは発見し次第削除します!
メールは下のメールフォームからどうぞ

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。