つらつら~~

個人的趣味の鉄道模型のやっつけ工作を中心に…。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/12/28

KATO 165系(N) 【さよなら急行「東海」】その2

どうもどうものさとうです。
 キハ58系が上がった後はちょっと夕庵式室内灯を作るのに燃えてまして、中途半端でほったらかしにしている車輌を順次仕上げていたんです。んでもってタイトルのブツも進めっかな、と言う事で進めておりました。元ネタは2年前の話ですがこれの続きです。
 一応一旦組み上げていたんですがもう1度ばらします。
ばらばらごちゃごちゃ
その後、まずは非動力車7両の集電シューの一部を作り直します。
左ね
元の集電シューをそのまま使ってもいいんですが、今後の予定で多分必要になるであろうとの事でL型の集電シューを捻出するためです。
 さて、ヘッド・テールライトユニットもLEDを交換します。ヘッドライト用の黄色LEDを電球色に変更します。そして通電試験。
若干黄色っぽいんですが仕様です。
ちなみに、元の黄色LEDでの点灯状態はこんな感じ。
ブツが違いますが何か
一応電球ユニットだとこんな感じ。
ほぼフルスロットル
電球色LEDの方はかなり低い電圧でも明るく点灯しますが、電球と黄色LEDの方はほぼパワーパックのつまみがフルスロットルです。
 んでこの後は夕庵式室内灯ユニットを組んで車輌に組み込んで完成なんで、次は

完成報告♪

です。
スポンサーサイト

2012/12/08

457系 とりあえず組み立て

まあどうにかこうにかさとうです。
 相変わらず連続投稿状態が続いているんですけど、これもひとえに

ネタ貯めすぎた

せいですんで。ぼちぼちネタのストックもつきそうなんで、近いうちに落ち着くんじゃないかと。でもまあこの勢いで、

今月中はがんばる
という方向性もあるんですけどね。

 と言う感じでこれの続き。

秘伝のタレ

のウェザリングも済んでいるんで、組み立ててみます。ただ、室内灯の製作とライトユニットいじりはまだなんで、そのうちもう1度分解するんですけどね。
 まずは前面ガラスを組み込んで、先頭車の床板をはめます。ただお約束の通り、運転席側面の小窓が安定しないので接着剤併用です。
キラっ★
次に側面ガラスを戻します。はめるときは、助手席側→運転席側の順です。でないとはめられません。
こんな感じで車体上がり
サロとサハシはこんな感じ。
椅子カバーがへろへろですが何か。やっぱ調理室機器も塗り直した方がよかったかなぁ。
この後、先頭車に検電アンテナを戻します。でも、前のアンテナは折ってしまっているので、415系用のAssyパーツを使います。実際、457系で円錐台座のアンテナがあったかどうかは不明なんですが、その他の交直流急行電車は結構このアンテナの方が多いようなんでまあ妥協の産物と言うことで。
アンテナはめた後に屋根戻し
ちなみに、このアンテナは元のものと取り付け穴の形状が違うんで、若干車体を削った上で接着剤併用で止めます。
 後はもちろんモハ456も組み立てて、とりあえずめでたく組み上がり。残りはライト関係ですが、まあそれはそのうちと言うことで。

2012/12/07

457系 椅子板の塗装

そう言うわけでさとうです。
 いやはや、とりあえず1週間続きましたなぁ。横のカレンダーは、記事が投稿されている日が少しハーフトーンになるんですけど、それが

並んでます。

おそらく、アフィリやってた頃の初期以来じゃないかと。
 でもってこれの続き。
 屋根までは吹き付けでやってますが、ここからは筆塗り中心です。でもまあ、一応は15年ほど前に施工している部分もあるんで、今回は主にそれの修正という感じでしょうか。
中途半端っぷり全開です。
サロの枕カバー塗っていないだけでなく、普通車の椅子枠の塗装はいい加減だわ、先頭車の先頭部分は塗ってないは、と言う感じです。でまあ、できるだけ補正します。
本当にできるだけね。
まあ一応、やれるだけのことはやったという感じなんで、車体パーツと会わせてみます。
こんな感じ
サハシ(右端)のビュッフェ部分はかなり想像が入ってますけどね。
 後は、別塗りしてあったライトケースとライトユニットを戻します。
こちらも乗務員室内を塗り分け
これで一応塗装必要なパーツの塗り分けは終わったんで、後は屋根板を

秘伝のタレ

でウェザリングします。
 さて塗装関係作業終了なんで、後はとりあえず組み立てます。

つづく

2012/12/06

457系 屋根塗装

国際通勤男

さとうです。
 いえね、ワシは現在、八高線で通勤してるんですけどね、横田基地の横を通るんです。あっちはアメちゃんの領域なんで、いつも車窓から

アメリカ合衆国

の雰囲気を味わいながら通勤しておるんです。まあぶっちゃけ、

ほとんど寝てる

んですけどね。
 と言う感じでこれの続き。
 以前の記事で、「次は屋根」と言っておきながら別ネタをやりました。まあワシの中では、分解して最初に手を着けたのは屋根だと思ってたんですよ。でもまあ実際は、妻面の塗り分けが先だったんですね。今回は本当に屋根の話です。
 この車は、夕庵式室内灯をつけるつもりなんですが、これの光をうまく分散させるには、室内天井を白く塗っておいた方が良いようなんです。今までの急行型電車も室内天井は白塗りしてあったんです。でも、これを筆塗りでやるのは結構大変なんで、今回は吹き付けとします。更に、一旦塗ってある屋根外面も改めてグレーに塗装します。まあこちらは、色を付けると言うよりは、

塗装面をざらつかせる

作業ですけどね。
奥の板も外面処理済み
その後、ベンチレーターとクーラーを塗り分け。
一応はそれなりに
分散クーラーは外して別塗りした後屋根に戻しました。ベンチレーターと集中クーラーは

地道に筆塗り

です。本当なら、碍子とか高圧配管にも色差しすると見栄えがよくなるんですけど、これらのパーツは塗料の食い付きがよくないので塗装をパスします。
 後は車体外装はクリアーを吹いて、とりあえず終わりです。

キリがよいのでつづく

2012/12/05

457系 サロ妻面の塗装

世間の目はごまかせたら

ワシの目はもっとごまかせる!

 はい。自虐ネタで始まりました今日の「つらつら~~」です。さとうです。
 これの続き
 まず吹き付け塗装が必要なところを中心にやらしていただきます。基本的には屋根板とサロの妻面です。と言う感じで今日はサロの妻面の話です。 実物は、トイレと反対側のデッキに簡易運転台が装備されていまして、その部分は側面の塗り分けが回り込んでいます。が、しかし、そこは量産品模型の悲しさ

妻面べた塗り
貫通ドアはかなり前に施工
となっています。ここをどうにかしようという感じなんですが、資料としたはこの本
基本資料です
ただこの本のサロ451,サロ453,サロ455の写真を見ると、簡易運転台側の連結面が塗り分けられてないのもあったみたいなんすよね。でもまあ、大半の車両は塗り分けられている感じなんで塗り分けという方向性で進みます。
 まずはマスキング。
密着させます。
くれぐれも側面とかに回り込まないように、と言う感じです。
 でもってクリーム4号を吹き付けてマスキングを剥がすと、
ほへ
吹き込んでます。

思いっきり吹き込んでます(T.T)。

と言う感じで、この辺りは赤13号でタッチアップします。ほら、前に大量に作ったんでねぇ。
 もう脱力感も伴うので次の話にします。

つづく

ホーム

HomeNext ≫

 

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

さとう利明

Author:さとう利明
記事は暇なら更新。あまり期待しないでご笑覧を!
カテゴリー欄はその車輌の投稿順になってます。まとめて読みたい方は対象物あるいは月別アーカイブからどうぞ。
お願い!
アダルトサイトへのリンク、もしくはアダルトサイトのURLが記載されているコメントは発見し次第削除します!
メールは下のメールフォームからどうぞ

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。