つらつら~~

個人的趣味の鉄道模型のやっつけ工作を中心に…。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/30

クモヤ145-10

ついに実物の両数を越えましたなぁ、さとうです。

予想はしてたけどね(^^)

これの続き

 さて、このブログの数少ない読者の方から指摘を受けまして、

しかもネットじゃなくてリアルに

久々に行ってみようと思います。もう4月も終わりですから。
 さて、配管作業が終わったクモヤ達ですが、次にやるべき事は、

床板の作成

であります。ちなみに、キットには床板は含まれていません。各自適当に手配しろと言うことです。一応説明書には、他のプラキットの床板を流用のこと、と記載がありまして、一応、そのプラキットの床板は、

過剰在庫と言えるくらいの在庫

を抱えていたはずなのです。が、しかし、こう言うときに限って、

蔵の奥

にしまい込んであるので取り出すのも面倒くさい。んじゃあ手近にあるキットの床板でも使うかな、と思ったのですが、

数が揃わない(T.T)

と言うことで、プラ板から新製する事にしていたのです。まあそれを見越して、キットの床止めを使わずにアングルを付けたんですけどね。
 でもねぇ、実際の作業となると憂鬱になりまして、なんとか楽を出来ないかと考えていたんです。そこで、正月に買ってきたパルクパーツの床板を使おう!

うん、我ながら良いアイデアだ!

と喜んでいました。その床板、別のキットを組み立てるため、かなーり前に1枚切り出していたので、早速あてがってみると

長さが足りん(T.T)。

と言うことで、結局プラ板からシコシコ作りました。ただねぇ、いかんせん精度が足りないもので、作った床板をはめて車両を線路に置いてみると、

微妙に曲がっている(T.T)

という悲惨な結果になりました。でももう1度トライしても、同じところでコケそうだから、それに、まあなんとか見れるので妥協しようかな、と言うことで、

クモヤ145アンドクモヤ90100番台合計4両未塗り完成!!!!!

と言うことにいたしました。
 さて、次の課題は…、工作台の上には、BONA-FIDE-PRODUCTのクモヤ90(幡生・長野工場タイプ)が積んであるではないか。って、積んだのはワシだけど。
 と言うことで、次回からは、

ボナのクモヤ90組み立て記

という新連載開始、です。でも多分、このキット、ネタがないから2回くらいで終わりそう。

 とりあえず終了。
スポンサーサイト

2008/04/14

クモヤ145-9

やっとこさっとこ。さとうです。
これの続き

 どうにかこうにか、

配管工作を終了しました(パチパチ、ひゅーひゅー)。

 やはり数をこなすというのも重要なことで、3両目からは猛スピードで進みました。あまり考えるところもなくなっていたもので(^^)。2両目の後半から、少し施工法を変更しまして、電気関係の配管を留めるときに、0.2mm×0.15mmの帯金を使いました。それまでは、0.2mmの真鍮線を使っていたのですが、やはり配管止めのイメージが違うと言うことで、たまたま意味もなく買っておいた帯金を試しに使ってみました。すると、やはり、丸線を使うよりも何となくしっくりくるので、2両目から即採用となりました。
 まあ実際のところは、例えば0.15mmの厚さで配管を留めているんですけど、実物に直すと、

22.5mmの鉄板

で留めているという感じです。殆ど

装甲板です。

おそらく、実物は2mm程度の厚さの鉄板をプレスしたパーツで留めているでしょうから、当然のごとくごついんですけど。それでも、小さな模型だと、これ以上薄い板を使うと、配管止めをしたのがわからなくなるという感じです。本来は、写真でも出せば良いんでしょうけど、写真を撮ってアップするのが面倒なのでご容赦下さい。
 さて、次の作業ですけど、ここからは割とキットの説明書に近いかな、と思っています。窓サッシの修正ですので。
 ただし、この窓サッシ。乗務員扉のサッシについては、

パーツが合いません。

他の部分については、実は1両分切り出して確認しておりまして、まあ大体合っているんです。が、しかし、どうしても乗務員扉部分のサッシについては合わないことが発覚しております。現在考えているのは、
 1.無理矢理合わせる。→サッシパーツを削るという面倒な作業がいる。
 2.洋白の帯板などからサッシの上の部分だけを切り出す。→大量生産を余儀なくされるので面倒くさい。それと、下に合わせるガラスパーツとちゃんと合うかが不安。
 3.潔く省略する。→実物では結構目立つので、乗務員扉周りの印象がスポイルされる可能性がある。
との検討の狭間で迷っております。
 おそらく、2.の方法に落ち着くんではないかと思っているんですけど、どうなる事やら。
 いやそれにしても、どうにかこうにか終わるもんですなぁ。サッシの件のカタが付いたら、次は床板の新製と言うことになって、いよいよ、未塗り完成♪です。

 性懲りもなく続く

ホーム

Home

 

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

さとう利明

Author:さとう利明
記事は暇なら更新。あまり期待しないでご笑覧を!
カテゴリー欄はその車輌の投稿順になってます。まとめて読みたい方は対象物あるいは月別アーカイブからどうぞ。
お願い!
アダルトサイトへのリンク、もしくはアダルトサイトのURLが記載されているコメントは発見し次第削除します!
メールは下のメールフォームからどうぞ

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。