つらつら~~

個人的趣味の鉄道模型のやっつけ工作を中心に…。

2009/03/30

ボサハ12、ホジ7その7

これの続き
 もうね、今日はとりあえず出だしの文章を考えるのがめんどくさいので

直球勝負

です。
 寒かった翌日、おかげさまでウェザリングが終了しました。使った色は、
 クレオス#133 土地色(床下のみ)
 クレオス#137 タイヤブラック
 クレオス#22 ダークアース
 クレオス#19 サンディブラウン
を軽く吹きかけます。くれぐれも

べた塗り

しないように注意します。でもって完了↓。
別ネタも写ってますけどご勘弁をその1
その次の進行としては、勢いでガラスを貼ります。基本的には0.3mmの透明塩ビ板ですが、ボサハの妻面窓とドア窓はOHPシートです。特に妻面は曲面なので、ちょっと塩ビ板ではつらいかな、と思ったので。ドア窓については、

素材を切りすぎた

ので

余り物活用

です。
 一応その後、台車を組んでみました。
別ネタも写ってますねその2
 と言う感じで、それぞれその後の作業です。まずボサハの方は椅子を組み込みます。まあこれは床板止めに合わせて側面に

ペタ

ですからすぐに済みます。
のぞき込み写真
でもって次はホジの動力です。これもすでにギア組みは済んでいるので、モーターを乗せて配線をして終了です。
とっちらかってますがなにか。
まあそれぞれの台車を組んで配線して終わりなんですけど、試験走行をしたところやはり両側の台車を結線した方が安定するようなので、結果的に全輪集電にしました。なお、写真には別の車両の動力も写っていますけど、これは

修理対象の別ネタ

です。やることは同じなのでホジと同時進行させました。
 さて、後は連結器をつければ完成なんですが、十和田の方の手当もあるしということで以下続く。多分次は

完成披露

です。

2009/03/26

十和田3800 その13

さぶっ!

さとうです。
 一応これの続き。
 まあやっとこ

塗装の修正

の目処もついたので、屋根でも塗ってみようか、ということでやり始めたんですが、出だしの通りだったんです。でもまあ、終わりました。
マスキングは念入りに同時進行ネタです。
 両方とも、マスキング自体は雨樋を境界にすればいいので難無く済んでます。十和田の方はMrカラー25番 ダークシーグレー+30番 フラットベース、ホジ7とボサハ12は137番 タイヤブラックです。ホジ7とボサハ12の方は前のマヤ20でやった方法で屋根をざらつかせようと思ったんですけど、

うまく行きませんでした。

仕方がないので、すでに

生産中止

になっているMrカラー105番 ラフベースを混ぜて塗面をざらつかせます。ただこの塗料(?)ってか



なので、ガンのノズルが詰まって非常に吹き付けにくいんですけどね。まあすでにタイヤブラックをきちんと発色させた後に同色に混ぜて吹いたので、発色については問題ありません。
 でこの後、屋根上機器を付けて十和田の配管を塗り分けます。
実際に見るとあまり違いがわからなかったりしますけどね。
さらにはウェザリングまでやろうと思ったんですけど、

半端無く寒い

ので屋内作業に切り替えました。と言う感じで、十和田の窓枠を付けます。
付ける前の窓枠パーツ
アルミのプレス抜きパーツなので

実感満点

まさに

アルミサッシ

です。
 と言う感じで、装着完了。前面用は両脇を少し削らないと入りません。まあ、

アマミヤさんのキット

なので、これくらいは当然でしょう。
ベンチレーターもついてます。
ところで、ベンチレーターのことを書くのを忘れてましたが、結局、
 エコーモデル #616 押込型ベンチレーター (B)
にしました。ちょっと背が高い感じがするんですけど、実際に付けてみるとまあまあかな、と思っています。
 さて次は、せっかくきれいに塗った模型を汚すという、

自虐行為

をやります。まあウェザリングという実物の経年変化を表現する塗装手段ですけどね。
 と言う感じで糸売

2009/03/21

ボサハ12、ホジ7その6

まあね、今日も

出だしの文章を忘れた!

さとうです。おバカさんです。

 と言う感じでこれの続き。
 今日は正直言って

部屋の掃除

をしていたので工作は殆ど無しなんですが、実際は昨日同時進行ネタと合わせて塗装の補正をやりました。まあ完全版ではないとはいえ、この辺まで追い込んでます。
傷跡は癒えている、と思います。これは結構無難かと。
それぞれ室内側を塗ったので、窓周りを中心に

結構ド派手に

塗料が回り込んでました。まあこの辺まで追い込んでますけど、やはり写真に撮って

超拡大

すると粗が目立ちますね(¨;)。
 室内天井も塗っているんですけど、こちらも

豪快

に側面にはみ出してますので、その部分だけまた面倒くさい

ニス塗り表現

をしなければなりません。それと、室内天井は白に塗っているんですが、ニス色表現の上塗りに使ったのが

クリアーオレンジ

なので、思いっきり滲んでます。一般的に、クリアー塗料の上に顔料系塗料を塗っても浮いて来ちゃうんですよね。まあわかってましたけど。だから、調色をやるときもクリアー塗料の扱いは注意しないといけません。一見、まともに塗れたと思っても、

必ず滲みます(T.T)(経験しました)

 さて塗装の追い込みと並行して、中途半端な時間があったのでギアーケ-スを組んでます。
 説明書では、スペーサーを両方に挟むようになっているんですが、やってみると噛み合わせが固いようなので片方だけにしました。ただこれ、一旦車輪を圧入した後に改めて車輪を抜いて調整しています。ワールドさんの動力は、

車輪を圧入すると分解できない構造

なので調整が必要なときは車輪を抜かざるを得ないのですが、はっきり言って

とてもスリリング

です。よほど運が良くない限り、車軸が曲がりますから。ということで、

部品請求と背中合わせ

の行為なんですが、今回はうまくいったみたいです。
説明書言うところの「Bユニット」説明書言うところの「Aユニット」
それぞれで残してあるスペーサーの位置が違うんですけど、色々やってみるとワシが作ったのではこれが一番しっくり動くみたいです。まあこれはワシの組立が

ヘボ

だからこうなったと言うことだと思うんですけどね(¨;)。今までワールドさんの動力は60アイテムくらい組んでいるんですけど、特に最近の製品は公差が少ないのか

ワシの組立がヘボなのか

で、たいていの車両はスペーサーを片方抜いてます。今回のホジ7では、ギアの噛み合わせとかを色々考慮して片方はギアと反対側を抜いてますけど、たいていの場合はギア軸側を抜くとうまくいくみたいです。
 さて、同時進行ネタの「十和田3800」ですが、まあそれなりに進んでます。
 と言う感じで続く

2009/03/20

ボサハ12 ホジ7その5

ワシ、明けて今日も

世間並みに仕事

と思ってました。今日は春分の日です。さとうです。
 一応これの続きであり、これの続き。なんかややこしくてすみませんm(__)m。

 まあ同時進行なので仕方がないんですけど、今日の作業の主流は、

ボサハ12ホジ7の方

なんです。
 前の「十和田3800 その12」で塗装関係を同時進行でやってましたけど、今日は御題の車両の

ニス塗り表現

です。
 まあ車体の吹きつけ段階で室内色のベースカラーまで塗ってあったわけですが、今日は順次塗り重ねをします。
 まずは#43ウッドブラウンの補正をして、その後、#131赤褐色をかすれ気味に塗ります。まあこれが木目と言うことになるんですけど、あまり細かいことは気にしないで塗ります。雰囲気としては、、木目が作り出す濃淡を表現するという感じです。
ほんまにこれで大丈夫なんやろか?

かなり適当です。

 でもって次に、#49クリアーオレンジを重ねます。これは木材表面の

ニス

の雰囲気ですので、あまりむらにならないように塗ります。まあむらが出てもそれなりの自然の味わいみたいになる、と思うんですけどね。それと、薄目にかけると言うよりは、やはりそれなりに発色させた方が良いようです。と言う感じでやった後はこんな感じ↓
木目の方向を考えりゃよかったぁ(T.T)。
適当に塗った赤褐色がクリアーオレンジに溶けて、確かに木目に見える、と思います。ただ、あまりしつこくやると下地の塗料が溶けてしまうので、その辺は程々にしておきます。
 と言う感じで

本日終了

です。ところで、この作業中に

思わぬ事故

が発生して、ボサハ12の車体塗装の1部を台無しにしてしまったんですが、ちゃんと復旧させました。
 と言う感じで、明日は仕事じゃなく、今のところは

タッチアップ

続きをします。

2009/03/18

十和田3800 その12

小ネタ失礼!

さとうです。

 これの続き。

 まあここ数日でぼちぼち進めておりまして、どうにかこうにか

基本塗装終了

まで持ち込んでます。
とっちらかってます(¨;)。
汚い工作机の写真

じゃなくて、

塗装できたパーツを分類して並べてます。

 さてここですでにお気づきの諸兄もあられると思うのですが、

元キットの都合上

十和田3800として発言を重ねてますけど、

実際は架空鉄道の電車

の作成だったんです。まあライトをいじった時点で実物と違うことになってますけどね(^^)。さらに

ボサハ12ホジ7



同じ鉄道の特殊狭軌線設定

だったんです。なので、塗った色は十和田3800と同じです。
 とりあえず、吹きつけ塗装は

第1段階終了

なので、これからは筆塗りでぼちぼち進めます。まずは、

ニス塗り室内の表現

でして、ワシの標準工法である

むか~しのTMS(No417,82年7月号)に載っていた方法

でやってみようかと思って、第1段階としてクレオスの43番、ウッドブラウンを室内に吹き付けてあります。
車体外面を塗る前に塗装しました。
この後、デフォルトでは#131赤褐色(記事では#41レッドブラウンですが、現在のレッドブラウンは艶消しなのでこの方法に向きません。ほぼ同じ色相で半光沢の赤褐色の方が向いてます)→#49クリアーオレンジの順に塗り重ねようかと思っています。ただねぇ、赤褐色を塗るとくどいんですよね。もしかすると、クリアーオレンジを薄~くかけるだけで終わりにしようかな、とかまあ、そんな感じです。
 室内床面は、油引きの床板を表現するためにクレオスの#42マホガニーを塗ってあります。
写真だとこれだけでもそれっぽく見えますね。
対象はボサハ12だけですけど。この後、これも#33艶消しブラック+#8シルバーをかなり薄く溶いたものを上掛けします。
 と言う感じで、明日からは筆塗りでいろいろとがんばる、つもりです。
 がんばったら続く

2009/03/14

十和田3800 その11

はい、どうもで~す。

さとうで~す♪

 とりあえずこれの続き。
 ただね、これからの作業は

同時進行ネタ

があるので、こちらの続きでもあります。

 まあ今日の予報では、

夕方頃まで雨

だったので、昨日から内部作業を進行させてます。まずは軽くみんなばらしまして、
これ以外にもホジ7もばらし
まずは室内側床板の作成です。十和田3800用は0.5mm厚プラシート。ボサハ12用は0.3mm厚プラシートに、0.3mm厚のSTウッドを貼り重ねて作ります。
ついでにパワトラ取り付け部も写し込んでみました。
まあ難なく終了です。
 次に3800の乗務員室仕切を作ります。本来、増設側は半室式運転台ですけど、まだこの時点では全室用として作りました。素材は0.3mm厚プラシートの

重ね

です。一応、両側から見ておかしくないような感じをねらってます。
幅と屋根Rの調整に苦労しました。
 次に必要なのが、乗務員室内の車掌台とかです。これらは、実は室内側に飛び出したライトケースの

ボロ隠し

もねらってます。まあ無難にプラシートから作ったので写真は省略しますm(__)m。ただ、増設側運転台のボロ隠しが意外に小さく済んだので、増設側は実車通り半室運転室に

設計変更します。

 さて次にシートを作ります。今回の車両達はロングシートなので、無難に済ますならちゃんと市販パーツはあるんですけど、いまいち寸法的に合わないので作ります。まあ特にシート自体の高さがね、やはり一般用だから合わないんっすよ。ということでプラシートから切り出し。ケコミ部は3mmプラ角棒で、3800用はさらに1mmプラシートでケコミ部の奥行きを減らしておきます。座面は1.0mm+0.5mmプラシートの貼り重ね、背もたれは0.5mm厚プラシートです。まずは素材を切り出して↓
切り込み部にはPカッターでスジを入れます。
背もたれと座面の角に丸みを付けた上で切り出して組み立て↓
もう少し丸めても良かったかな(^^)組立終了
さらにボサハ12用の方はシートの端部に袖仕切を付けます。
角は適当に丸めます。
袖仕切は0.3mm厚のプラシートです。
 さて次に、乗務員室仕切の

手直し

です。まずは全室用の方ですが、車掌台の方に仕切を付けます。こちらの方に前面貫通ドアが折れ込んでくるので、それの受けです。まあ実体は、0.5mm厚プラシートで

適切妥当

に作りました。
まあ本当に適切妥当かは、これからわかります。
 さて半室側。完全に新製してもいいんですけど面倒くさいので、

もう1枚の全室仕切を改造

します。まずは仕切扉の運転室側で切断して、90°角度を変えて組み直します。その後、不足分を1mm厚プラシートで新製します。
まあこんな感じで(^^)
 これで殆どのパーツはそろいました。ただ微調整として、運転台パーツを少し切り詰めます。使用いたしましたのは、
 エコーモデル #2670 私鉄電車用運転台 (旧型)
です。ただ、これをそのまま付けると高さオーバーなので、下端部を切り詰めて、後少しヤスって調整します。
白いのはプラシート製のメーターパネル、のつもり
実際にはまだ接着してませんけどね。
 と言う感じで、後は

天気待ち

です。月曜には少し塗りたいな、と思ってます。
 塗れたら続く

2009/03/12

十和田3800 その10

 いやはや、久々の

2桁越え

です。さとうです。ぼちぼち飽きてきそうです。
 だもんでこれの続き。

 床下関係も大詰め、と思いきや、

大ポカはけ~ん

です。

 電車の正面床下の資料ってのはなかなか無いな、と思って、ある日、実車の資料を探しておりました。とすると、まあなんてすてきに

十和田観光電鉄3800既設運転台側正面写真(光線状態良)

の写真をweb上で見つけまして、それをよくよく観察すると、

連結器解放テコ付近の機器配置がまるで違う!!!!!

ということが判明いたしました。
 当初参考にした資料が、この車両の新製直後に近い姿(東急デハ3800)だったんです。すると、解放テコがどうも車端寄りに寄っているみたいに見えたので、そのように作りました。でもね、車両更新後の東急の旧型車が、みんな解放テコ受けが連結器胴受けの脇にあるみたいなんです。とすると、この車両の元型であるデハ3800も東急時代に更新を受けているので、当然変更されているんだろうな、とは思ったんですけど、床下が鮮明に写っている写真を発見できなかったんです。
 が、しかし、新たな資料の発掘により

作り直し決定です(T.T)。

 まあ半分自由形ですから、そのまま進行させてもいいんですよ。でもね、一応のプロトタイプがあるのならそれなりに似せて作った方が良いんじゃないか、ということで、一旦組み上げた前面床下をばらします。↓
今までの苦労が水の泡(T.T)
これは増設運転台側ですが、もちろん既設側も違うので両方ともばらしです。その後、解放テコの位置を合わせて組み直します。ついでに、一部

レロレロ

状態になってしまったホワイトメタルパーツも交換したり、大きすぎてステップと干渉するジャンパー栓納めの取り付け台も変更します。
既設運転台側増設運転台側
 これをやったことで、ジャンパー栓の位置もしっくり来ますし、エアーホースの位置もしっくり来ます(^^)。
 その後、乗務員ドアステップを付けます。使用したパーツは、
 エンドウ #5905 乗務員室扉下ステップ (狭)
プレス製で丈夫ですし、何よりワシが知っている他のメーカーさんのパーツよりも

安い!!!!!!!

のが魅力です。
 ただ、諸般事情により床下にネジ止めできそうもないので半田で付けました。本来このパーツは床板にネジ止めして使うパーツなのでネジが同梱されているんですけど、

ネジはスタッフが大切に使わせていただきますm(__)m

と言う感じになりました。でもって、こんな感じです。
車体とフィッティング(既設運転台側)この角度で見ると片運転台車に見えますね。
 とまあこういう感じでやってみたところで、一応、

塗装前の金属作業終了♪

と言う感じのようです。多分、もうネタはないと思います。
 そろそろ

春♪

なので、塗装作業に入ろうかな、と考えているのですが、日取りと天気の関係でもう少し内部作業をした方が良いようなので、次は

室内関係の製作

を先行させます。まあ来週前半がちょっと暇なのと、天気も良さそうなのでこの辺りで塗装しようかと思っています。
 糸売

2009/03/08

十和田3800 その9

この時期に外に洗濯物を干すのは

自殺行為

です。さとうです。花粉アレルギーです。
 花粉も蹴散らす勢いでこれの続き。
 まあその、今回は予告通り車体端部のごちゃごちゃ関連です。
 電車の車体端部ってのは、まあ当たり前として、

連結器

が付いてます。それ以外に、電車を編成としてのシステムとして動かすために、大概の場合は電気関係と空気関係(ブレーキ用ね)のホースやらコードが付いてます。まあ今回はその辺をどうにかしようという企画です。
 今回は、実測したところ床板が車体裾より2mm上がっています。なもんで、まずはジャンパー栓(電気関係の渡り、まあ家庭で言えばコンセント)の台として2mm×7mm×2mmのチャンネルで台を作ります。空気関係の渡りの方は、4mm×3mmのアングル材に孔を空けて台にします。その他に使ったのは、
 エコーモデル #1603 ジャンパー栓受けC
 エコーモデル #1604 ジャンパー栓受けD
 エコーモデル #1605 ジャンパー栓受けE
 エコーモデル #1654 自連用胴受けA
 エコーモデル #2606 解放テコ受 (下作用/大) 片方だけ
 エンドウ #5821 エアーホース
となってます。解放テコ受けは、既設側運転台の方はキットと同時に販売されていた別売りパーツセットの中のパーツを使ったんですけど、なぜか片方だけしかなかったので増設側はエコーさんのパーツです。でもって、こんな感じです。
既設側運転台側増設側運転台側
まあこんな感じで汚くまとめたので、後は床下機器の接着です。初めは、真鍮部品は普通の半田、ホワイトメタル部品は低温半田でやろうと思ったんですけど、むちゃくちゃ苦労しそうな予感がしたので、ホワイトメタル部品はエボキシ系接着剤での接着です。と言う感じで付けてみました。今度は前回と違い、接着後の写真です。
主制御器側主抵抗器側
 大体これで塗装前作業は終わっているかと思いきや、まだ少し調整する箇所があるようです。それは、

乗務員扉下のステップ

です。まずはパーツの買い出しに行かなきゃならんので、続きは買い出しの後と言うことで。

2009/03/06

十和田3800 その8

さとうです。

 間に久々に広告文章が入ってますけど、これの続きです。

 まだまだ床下の作成は続きます。でもって、前回までに一応完了しているはずの主抵抗器側床下の桁ですけど、1部を変更しました。元空気ダメの取り付け方向を変更した方が良いかな、と各方面の写真を見ているうちに思ったんです。はじめ、元ダメの方向は、

枕木方向

だったんですけど、いろんな車両の写真とか、模型作例を見ていると、よほどの小型車じゃない限りは元ダメの方向が、

レール方向

なんですよね。でもって、その辺をいじってみました。
傷跡が痛々しいですねぇ。
左側は補助空気ダメを付けるつもりなので、桁の間隔を狭めただけですけどね。右側の空間に元ダメを付けます。さらにその後、エアータンク取り付け台が上手く載らないので、少し桁の間隔を調整しましたけどね。
 でさらに、反対側(主制御器のある側)の桁も作りました。
同じ作業の繰り返しが続きます。
まあ一応これで、床下機器が付けられるようになったので、仮に載せてみました。
主抵抗器側から主制御器側から
これ、元ダメ下の桁をいじる前なので、

元空気ダメが傾いてます。

 実際のところ、本来なら床下機器取り付け板の上に並べる部品なので、キットの設計と比べると1mmほど床下機器が上がっているはずなんですけど、とりあえず気になるほどのことはないみたいです。ってか、

気にしないことにします。

 まあこんな感じでいいのかな、ということなので、次は車体端部のごちゃごちゃの製作という感じです。
 と言う感じでさらに続く
車体への仮組み写真その2

ホーム

Home

 

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

さとう利明

Author:さとう利明
記事は暇なら更新。あまり期待しないでご笑覧を!
カテゴリー欄はその車輌の投稿順になってます。まとめて読みたい方は対象物あるいは月別アーカイブからどうぞ。
お願い!
アダルトサイトへのリンク、もしくはアダルトサイトのURLが記載されているコメントは発見し次第削除します!
メールは下のメールフォームからどうぞ

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード