つらつら~~

個人的趣味の鉄道模型のやっつけ工作を中心に…。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/30

【完成報告】静岡鉄道駿遠線の車両たち

毎度のことなんですけど、

バタバタです(¨;)

さとうです。

これの続きで

最終回

です。
 今回は一応フリー設定にしてあるんですけど、元キットの設定を尊重して進めさせていただきます。従って、実物とディテールや塗色が全く違っていますが、まあそこらへんはおおらかに緩い目で見てやって下さい。ちなみに、実物の塗色は、機関車を含めて窓回りがクリーム色(一説では黄白色)、その他の部分が青(一説には青緑色)だったそうです。
 機関車から行きましょう。まずはDB609です。
前位かな後位と言っていいのかな
 かの有名な「蒙古の戦車」です。実物は、昭和29(1954)年に静岡鉄道袋井工場において、蒸気機関車の下回りを使って製作されたディーゼル機関車です。駿遠線にはこのタイプの車が9両居て、そのうちのラストナンバー機と言うことになっています。
 模型の方は前の記事でさらっと書いた通りロッドの調整で手こずるかと思ったらあっさり片付いてしまいました。
 では次。気動車の部。まずはキハD13です。
おそらく動台車側多分付随台車側
 実物は昭和5(1930)年11月に鞆鉄道キハ4として製造された車が、昭和29(1954)年に静岡鉄道にやってきました。当初は片ボギー式の車両でしたが、昭和33(1958)年に車体延長の上普通のボギー式気動車に改造されました。ちなみに鞆鉄道は、鉄道路線はありませんが、今でも「鞆鉄道」として、広島県福山市周辺で路線バス、福山市の定期観光バス、しまなみ海道などの高速バスを運行しています(トモテツバスHPはこちら)。お、「鞆の浦」って、「ポニョ」の舞台だなぁ。
 模型の方は、それぞれの台車にモーターを積んで居るんですが、集電の安定性のために両台車をコードで結んであります。これをやることで、ワールド工芸さんのこの手の動力の車両は、見違えるように安定して走るようになります。
 さて次。キハD7です。
ラジエタ側動台車側
 この車は駿遠線の前身である藤相鉄道キハ1~3として昭和6(1931)年に日本車輌にて製作された気動車です。仲間はキハD6~キハD8までの3両いたんですが、1両1両微妙に形態が異なっていたそうです。
 模型の方は、動力関係は先のキハD13と同じなんですが、コードの取り回しが若干知恵の輪状態で、モーターとの結線でなかなかうまく行かず正直泣きたくなりました。ま、どうにかして今はするする走っています。
 さて次は客車編。まずはハ115です。
接ぎ当て側デフォルト側
 以前も書いた通り、元は長野県の草軽電鉄が昭和8(1933)年から昭和10(1935)年にかけて日本車輌にて製作したホハ30型の譲受後の姿です。駿遠線には3両入線し、「ハ113~ハ115」のナンバーが与えられました。入線に際してはドア下へのステップの取り付け、車内のロングシート化、屋根上へのベンチレーター取り付けなどが実施されました。
 模型の方は、いやはや大変でしたねぇ。でもまあ、どのように施工するかを考える楽しみを与えられたってことで良しとします。真鍮車体の側板延長なんて作業はやったことがなかったので、いい勉強させていただきました。
 では次。ハ10です。
ブレーキハンドル側非ブレーキハンドル側
 ハ10は、元中遠鉄道ロボ5型で、大正2(1913)年日本車輌製となっています。この時期の比較的標準的な軽便客車で、他の鉄道にも同型車が多数存在しているようです。
 模型の方は屋根以外は特にこれと言ったところ無く、と言いたいところなんですが、実は組立中にデッキの手すりを1本折ってしまい、仕方なく他の部分も含めて0.25mm燐青銅線で新製しました。それと、エアータンクを付けたら台車のブレーキ部分が干渉してしまったので、空制化をいいことに切り取ってしまいました。
 では最後。ハニ1です。
ブレーキハンドル側荷物室側
 この車は、中遠鉄道ハニ1として大正13(1924)年に名古屋電車製作所で製造されました。この車も同族2両なんですが、ハニ2とは荷物扉の形態や扉の位置が異なっています。また、実物はデッキ内にブレーキハンドルがデンと据えられている感じなんですが、模型ではハンドルの形態を変えてデッキ内をすっきりさせました。
 この車両が、今回の製作の中では一番何もなかった車両です。車体の構成も以前製作した沼尻ボサハ12と似ている部分が多く、台枠の製作なんかでもボサハ12の経験が生かせました。

 と言う感じで、どうにかこうにか年末ギリギリに竣工した車両たちですが、

ケースの手配ができていない

と言う感じです。年明け早々にどうにかします。
 これにて一応、

静岡鉄道駿遠線の車両たち(?)

めでたく

おしまい

です。
 それと、「つらつら~~」の年内更新も

おしまい

です。また来年(^_^)/~~
スポンサーサイト

2010/12/27

塗装追い込み

忘年会との勝負。今年は3試合を戦って

2勝1敗

です。さとうです。がんばれ肝臓。
 さてこれの続き。

 保護塗装まで終わっているので、次に屋根の塗装をします。車体をマスキングして、屋根色を吹き付け。
ガンガン拭きます。
そしてマスキングを剥がすと、
こんな感じ。
後は細かいところの修正をします。
面相筆でタッチアップ。
そして終了。
?
が、しかし……、

ヘッドライトステーの色を間違う!

微妙ぅ~~っ
屋根上機器に使った色は、ねずみ色1号じゃなくて明灰白色だったのね。と言う感じで重ね塗り。
はみ出しが汚いですが何か。
再び車体をマスキングしてウェザリング。
いい感じの汚さ
これにて本当に塗装関係全て終了です。これからはガンガン組み立てます。
まずは動力下回り。最も面倒くさいDB609から。
ギア組みをして
車輪を入れて
ここまではいつもの感じで。
ロッドを組み付けます。このロッド組み付けが結構大変かも、と思っていたら、比較的あっさり終了。左右の位相がずれると車体大揺れになるんですけど、どうにか調整終了。
ほっ
後の車のギア関連も大体同じ要領でちびちび進めます。
 で、現状はちびちび進めて他の車両もギア組みや台車の組立を終了。車体関係ではガラス貼りや室内関係も終了してます。後はカプラーを組んで、動力装置にモーターを入れて、と言う感じです。

 と、言うことは、

次回は完成報告

という方向性でお願いします。

2010/12/12

インレタ貼りの長い道

ま、いろいろあろーが

さとうです。なにが

いろいろ

なのかは、お察し下さい。
 と言う感じでこれの続き。
 でまあ、レタリングなんですけど、もうすでにお気づきの諸兄もいらっしゃるかとは思いますが、例の通り例の如く、純粋な静鉄の車両にするつもりはありません。色合いからお察しの方もあろうかと思いますが、昔新潟県方面にあった某鉄道路線(現在はバス会社)に、「もしも…」の設定をして楽しんでおります。従いまして、これからお送りする車両たちの社紋などに関してもその「某鉄道路線」の社紋を模して版下を作った物を、くろま屋さんに特注インレタで発注した物を使用しています。
 では前講釈はこれくらいで。まずは、

初日
番号は適当
比較的レタリングしやすかったので、割とパパパッと終わってます。

弐日
これは色も適当
この日はカタギの仕事の残業であまり時間が無かったので表記の少ない車両という感じです。

参日

この日は夜に用事があったので

作業無し

です。

四日
形式「オハ35」ですが何か
この日も、「もしかして残業?」との予測があったんで比較的簡単な車両を、と言う感じです。

五日
客車の残り物気動車物ふへぇ~~~~っ
この日の車両たちは結構インレタ貼りが大変ではないか、と言うことで残していた連中なんで、

大変でした(T.T)。

一部の表記はデカールを作って貼ってみたんですが、それ以外の所も結構切り貼りが必要だったんで、終わったときはへとへとでした。

六日
透明塗料なんで何がなんだか
で、この日にレタリングの保護塗装です。これをやる前は、もうそれこそ

腫れ物に触るように

扱っております。ことによっちゃ、せっかく貼った表記が剥がれたり崩れたりするんでね。
 さて残すは屋根塗装。保護塗装を乾燥させてから臨みます。

臨んだら続く

2010/12/04

全体塗装基本的に終了

ほへっ?


もう12月?


なんっつーか、今年は早かったなぁ。さとうです。
 これの続きかも。

 さて、室内パーツもできたところで、床下関係とか室内パーツとかを塗ります。まあこれも色をいちいち書いてもなんなので、写真でご判断下さい。
ごちゃごちゃです。何がなんだかですね。
そして、吹きつけ塗装が終わった頃から、車体の補正塗装もぼちぼち進めていきます。で、何週間かかかってどうにか終了。
塗り上げその1塗り上げdその2
室内天井に塗った白がベンチレーター取り付け孔から漏れたりしてますけど、これは後で屋根の色を塗るから

問題なし

と言うことで。
 ついでながらこの室内天井。室内壁を車体吹きつけ段階で塗ってあるので、もうそりゃ滲む滲む。白塗料ってのは比較的隠蔽力が強い色のはずなんですけど、そのままの白だと

何度塗ってもダメ。

と言うことで、白の下塗りとしてほんのわずかに銀色を混ぜた白を塗ります。
室内壁との境界はマスキングしてあります。
この後、本物の白を塗ります。
写真じゃ変わりませんね。
写真じゃ変化がわからないんですが、上の写真の方が若干グレーがかって見えてます。
 とまあこんな感じの手間をかけて終了です。

次はレタリングかぁ。何日かかることやら。

終わったら続く

ホーム

Home

 

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

さとう利明

Author:さとう利明
記事は暇なら更新。あまり期待しないでご笑覧を!
カテゴリー欄はその車輌の投稿順になってます。まとめて読みたい方は対象物あるいは月別アーカイブからどうぞ。
お願い!
アダルトサイトへのリンク、もしくはアダルトサイトのURLが記載されているコメントは発見し次第削除します!
メールは下のメールフォームからどうぞ

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。