つらつら~~

個人的趣味の鉄道模型のやっつけ工作を中心に…。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/05/22

大糸線の旧国 渡り板の作成

さとうです。
 いつも、ご挨拶のネタを考えているうちに時間が経ち、そして更に

飲み過ぎて更新できない

日々が続いております。朝が早いモンでねぇ。と言う感じでこれの続き。

 前面のディテールパーツの手配という感じなんですけど、大体の部品はタヴァサさんとか銀河さんの市販パーツで何とかなるんですけど、

どうしようもないパーツ

もあるんです。それはタイトルの通りなんですが、

貫通渡り板単体

なんです。まあね、確かに渡り板の単体パーツってのもあるんですけど、そのパーツは客車用なんで、今回はパスしようかな、と。なにせほれ。キット同梱の貫通幌に付いている客車用の渡り板もパスしたくらいなんでねぇ。で、電車用の渡り板については、Nゲージだとタヴァサさんのパーツの中におまけで入っているんです。でもこのために、

本体の幌枠パーツが大量に余剰になる

というのはどうよ、と言う感じだったんです。16番なら、エコーモデルさんから渡り板だけってのがあるんですけど、Nゲージにはないんでどうしたものかという感じでした。ま、そういう場合は、

自分の欲しいものがなければ作ってしまうのがモデラー

とのある意味

格言(確か、昔のGMのカタログに載っていた言葉)

を実行してみます。
 この貫通渡り板ってのは、半流用(クモハ51とかクモハ54)と平妻用(クモハ12とかクハ55)でサイズが違うんで、用意する素材が違っております。半流用は少し小さめなので2.5mm×0.8mmの真鍮アングル。平妻用は3mm×1mmの真鍮アングルです。まあぶっちゃけ、短辺はほとんど削ってしまうので、長辺の大きさだけを考えておきます。ヒンジ部分は0.15mm×0.2mmの洋白帯金です。
 まずは色々と罫書きをしたり孔空けをしたりした後、アングルの短辺を適当に削ります。
両面テープで仮固定して、その上にマスキングテープ
マスキングテープの厚み分まで削り込みをかけます。でその後、ヒンジ部分を半田付け。L型にした帯金を穴に差し込んで半田付け。
上が半流用で下が平妻用
後は1つずつに切りだして形を整えます。
バラバラ
まあほら、大きさが揃っていないところが

手作りの良さと言うことで(¨;)

一応確認しておきますと、
まあそれぞれと言うことで
 で、ここからは前面のディテールなんですが、後はそれぞれのパーツを付けて行くだけ、と言う感じの作業の時に、

クモハ12用とクハ55438用の前面を破壊

してしまいました(T.T)。

次はこれらの前面の再作成という感じで。それと、この機会なんで、クモハ12用は若干仕様変更しようかな、と。

続く
スポンサーサイト

2011/05/14

地雷人生

さとうです。
 いやまあね、ワシだって

平穏無事な人生

を過ごしたいと日々常に思っているんですが、先日、ネットをうろうろしていたところ、

地雷

を踏んでしまいました。いえ何せその、まあいわゆる1つの

ツークリック詐欺

と言うヤツでして、どうして踏んだかどうかは

お察し下さい

うん、まあ、年齢認証が二重になってるところで「おかしいな」と思ったんですけどね。
 で、いきなり、

登録されました

的画面がポップアップででたんで、「あれ?ワシ的には個人情報的なものはいっさい送信してないよな」とは思っていたんですが、何せ、

10分に1回表示されるポップアップしかも、振込制限時間のカウントダウン付き

が鬱陶しいんで、どうにか出来ないかと

あの手この手

を使ってみました。
 なお、一般的ワンクリック詐欺またはツークリック詐欺の場合、お金を払っておらず、更に関連ページにアクセスしていなければほとんどの場合無視できます。何せ、基本的に使っているシステムはここの「アクセス解析」と同様で、リモートホストとIPアドレスはわかるけど個人特定できないシステムの応用ですんで。
 さて、

撃墜編

です。
 まず考えられるところは、cookieの削除です。本来のcookieは、「このPCうちのページを見てくれたんだ。ありがとう。次に見てくれたときにはもっと良い情報送るわね(は・あ・と)」的な、いわゆる「アンカー」としてHPを介して送りつけられるものなので、別に削除しても問題はありません。でも、トウシロウにはどれがcookieかはわからないので、

ウイルスバスター2011クラウド大先生

に活動していただいて、怪しいcookieを削除していただきます。
 さてこれだけではまだ完全ではございません。次にやるのは「キャッシュの削除」です。これは、HPのデータを一時的にPCに保存して、次に同じHPを見るときにその表示を高速化させるために一時的にPCに保存されているファイルです。当然、

無くてもインターネット上の色々は表示されます(多少時間はかかるけど)

でもって、これらのキャッシュファイルをお掃除します。ここで登場するのは

ディスククリーンアップ先生

です。
 「スタート」→「アクセサリー」→「システムツール」→と進んでいくと巡り会えます。ディスククリーンアップ先生にご登場いただいて、「古いファイルの圧縮」以外にチェックを付けて、HDの中をきれいきれいしてもらいます。まあね「古いファイルの圧縮」をやっても良いんだけど、

PCによっては死ぬほど時間がかかる

んでまあその辺は各自の責任で。
 で、これで大丈夫だ!と思ったところ、それでもやはり

10分に1度のポップアップ

が出やがりますんで、次にやるのは「システムの復元」を使ってみます。地雷を踏む直前の復元ポイントを使って

システムの復元スタート

です。
 で、これで鬱陶しいポップアップは回避できました。
 ただ、これでも、相手さんにはIPアドレスとリモートホストはばれていますんで、まめにウイルスバスター先生に登場していただいて余分なcookieを消してもらいましょう。ついでながら、ワシんとこの計算9号では、システムの復元後ウイルスバスター先生の調子がおかしくなったので、ウイルスバスター先生を再セットアップしておきました。
 まあこれで、とりあえずは大丈夫かな、と、まあ、そう言う感じです。まあね、一番良いのは、

そう言うサイトにアクセスしない!

と言うことですな。




 なお、参考にさせていただいたサイトさんを紹介しておきます。
「自分が悪い」と仕向ける手口をトレンドマイクロが解説ツークリック詐欺に警告、「規約はよく読んで!」
詐欺サイトや不当請求メールに対する心構えと対処法
ツークリック詐欺の手口
ワンクリック詐欺疑似体験の情報ページ←疑似体験できます。う~ん、なるほどぉ。あ、でもそこまでしか相手には分かってないのね。関連ページもためになるんで一読をおすすめします。




う~ん。たまには役に立つ情報も発信しようかな、と。でもまあぶっちゃけ、

地雷踏まなきゃ良いでしょう?

と思った人、先生怒んないから前に出なさい(関連業者は除く)

2011/05/05

大糸線の旧国 前面の形成その2

さとうです。
 これって、本来は「お気軽企画」だったはずなんですけど、

だんだんとドツボにはまっています。

 まあねぇ、昔と違って、色々なところに「情報」が氾濫していて、それこそ旧型国電だと1両1両の個体差がはっきりわかるんでねぇ。でもまあ、

製作者サイドの技術力(と視力)の問題

とかが色々とあるんでねぇ。程々にしておこうかという感じです。
 でもってこれの続き。

 窓周りをいじるところまでお話ししたんで、今度は幌枠の形成をします。まあそれこそお気軽ネタなら、キットに付属している幌枠をそのまま使えば良いんですけど、何せこのホロ枠は

客車用

なんで、電車用の幌枠とはイメージが違っています。そこで、まず考えられるのはGMのオプションパーツにある
 #61-2 貫通幌(電車、私鉄用)
使うという手もあるんですが、これを使ったところで幌枠の再現にはならないんです。でまあ、結局、プラ帯から作ってみることにしました。
 まずはクモハ51とかクモハ54.こちらの前面には一応幌枠が軽くモールドされているんですが、表現として甘いのと、形が違うので、この幌枠の上に0.3mm厚プラシートから切りだした帯を重ねます。
幅、長さとも適当
一旦互い違いみたいに貼っておいて、その後余分を切り取ります。
余分を切り取り
接着剤が乾くまでこれで放置します。
 次にクモハ12の方。こちらは前出の貫通幌パーツを加工して幌枠を作ります。
加工前です。
それぞれの前面右側に置いてある貫通幌を加工します。なお、前面の方も、貫通扉脇の手すりやらシル・ヘッダーを部分的に削っておきます。
 さて、まず幌枠には蛇腹はないので、この部分にゼリー状瞬間接着剤を盛って、硬化後に削って幌の蛇腹を消します。
左、加工前。右、加工後
できあがったパーツを前面に接着。
ごつくなりました。
この後、このままでは幌枠が厚いので、それなりの厚さまで(約3分の2程度)削って薄くしておきます。
 さて、これで幌枠問題は片付いたという感じなんですが、更にこの後、

オリジナルパーツの作成
と言うことになります。まあね、

妥協

するか

金かける

かすれば片付くような感じなんですけどね。どっちの方向にも転ばないことにしました。

ワシ、強い子だから。

つづく

ホーム

Home

 

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

さとう利明

Author:さとう利明
記事は暇なら更新。あまり期待しないでご笑覧を!
カテゴリー欄はその車輌の投稿順になってます。まとめて読みたい方は対象物あるいは月別アーカイブからどうぞ。
お願い!
アダルトサイトへのリンク、もしくはアダルトサイトのURLが記載されているコメントは発見し次第削除します!
メールは下のメールフォームからどうぞ

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。