つらつら~~

個人的趣味の鉄道模型のやっつけ工作を中心に…。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/03/31

モワ51 埋めて埋めて空けてぇ~~

どぅむぉ~~っ、さとうですぅ~。
 今日は大人の事情により

在家庭の1日

だったんですが、本当に在家庭状態で、夕方に買い物に出たくらいで後は引きこもってました。
 とまあそんなこんなでこれの続き。

 さて、とりあえず切り欠き関連は終了したので、ネジ孔に引き続いてセンターピン孔を空けておきます。いやでもこれ、直径が約4.5mmくらいの穴なんで、ワシんちのドリルじゃ途中までなんで、その後はリューターとシャーシリーマーで穴を拡大しておきます。その後、荷物扉の下を埋めておきます。当初は面倒くさいからこのまま行こうかな、と思ったんですが、何となく荷物扉下が

スカスカ~~

と言うのもどうよ、と言う感じがしたんで、その辺に転がっていた帯板で埋めておきます。もちろん、厚みは床板以下です。
幅は2mmくらいかな
更には半田付け。
どぶぁ~~っ。
ところで、これらの写真を見てみると、せっかく空けたカプラー台用の切り欠きを埋めているように見えるんですが、

埋めてます(T.T)

いえね、当初はキット同梱のカプラー台を使おうと思ったんです。でもね、床板新製で行くんなら、扱い難いカプラーを使うんじゃなくて、別のカプラーでもいいんじゃね?と言うことで、カプラー台も新製する事にしたんです。つー感じで、これらもまとめて半田付けしております。
 その後、コテコテに盛った半田をキサゲて、きれいさっぱりにしておきます。
きれいさっぱり
 さてこれでいよいよ、

床板完成♪

です。後はこれをベースに、色々と付けていくことになります。と、その前に、

祭の準備

が必要なんではその関連の話でも。
スポンサーサイト

2013/03/25

モワ51 床板の作成 切り欠いて切り抜いて

あぅあぅあぅ~~っ!

 さとうです。前回の記事と今回の記事で、何に影響を受けているかわかった人は

立派なアニメ廃人です(ははは、軽いジョークです)

 まあそのネタ関連で書いてもいいんですが、今更感炸裂するのとネットの世界にはもっと詳しい御仁が大勢いらっしゃいますからね。まあそんなこんなでこれの続き。

さて、とりあえず外形は切り出したんで、この後は切り欠いたり穴を抜いたりという感じです。
 まずは切り欠きから。当初、必要なのは前面部のカプラー台用の切り欠きだと思っていたんで、まずはその部分から。見本にできるキット同梱品の床板をテンプレートにして罫書きます。
ズボラ工法
マスキングテープで仮止めして、位置を写し取ります。その後、まずはカプラー台用の切り欠きから挑戦。何せ超苦手な糸のこ作業ですんで、

もうぐちゃぐちゃです。

罫書いた意味無いとかそう言うこと言うな!
次は荷物扉下の切り欠き。何せ荷物扉を逃げておかないと床板が浮きますから(¨;)。
曲がってるって?わかってるよ!
次にパワトラ用の角穴です。罫書いた線の内側に休み孔を空けて、それを結ぶように糸のこで抜きます。なお、ワシの持っている糸のこフレームでは、奥行き部分が床板全長以下なんで、刃を進める順番を考えないと抜けません。その後、ヤスリで大まかに角穴に整形。
へろへろ、ぐちゃぐちゃ。でもパワトラが引っかからなければ問題なし。
更にその後、車体取り付けようのネジの逃げ孔を空けておきます。
指死んだ!
本当はボール盤に小径ドリル用のアタッチメントでも付けて作業したかったんですが、

ボール盤を出すのがめんどくさい上にアタッチメント持ってない

ので、

ピンバイスと根性

で空けました。ちなみに、1つ孔を空けるのに

優に30分

かかってます(T.T)。
 後は付随台車用のセンターピン孔ですが、なんか別の作業と一緒の日にやったようなんでそれらの話とまとめていってみようかという感じで以下続きます。

2013/03/24

モワ51 床板の作成

もう、ゴールして、いいよね。

さとうです。
 まあどうにかこうにか目処が付いた感じんですがね。もう少し、もう少しって感じでしょうか。
と言う感じでこれの続き。

 いえね、台枠表現やらければキット同梱の床板でいいんですよ。しかもこの床板、

床下機器の下孔付き

んでね、機器類の位置決めもしですから。でもね、台枠表現をするとると、

穴を全部埋めねばならん!

と言う感じんですわ。まあその件については通勤中にあーだこーだ考えてたんですが、結局穴を埋めてもその後また孔が空くことが予想されるので、そこのところは、

漢としてがっつり決めて真鍮板を発注

してしまいました。
やるぜぇ、おりゃぁ~~っ
つまり、

イチから新製

です。さて、まずは床板にする1mm厚真鍮板に罫書きます。お、後でわかったんですが、キット同梱の床板は0.8mm厚でした。まあ0.2mmくらいはどうにかるかと(¨;)。
ここまでは軽い
そして、無理を承知でカキで切断開始。が、しかし






途中で糸のこ登場
あぅあぅぅぅぅぅ
長辺についても途中までカキで切って、後は糸のこでどうにか切断終了。
疲れたぁ~~っ。
もうこの日はこれで終わり。ちみに、翌日は右示指と中指の遠位指節間関節と左上腕後側が痛とうございました。
 と言うことんで、床板の加工は、

まだまだ続くよぉ~~っ!

2013/03/20

モワ51 アングル取り付け

やはり年度末になるとこの体たらく、さとうです。
 もうね、今年度の処理と次年度体制確立のために日々邁進しておるんですけど、とりあえず今週を乗り切れば多少は楽になるんじゃないかと、まあ、そんな感じです。
 これの続き行ってみようか?ん?

 車体外装が終わったって事は、

車内はぐちゃぐちゃ

と言う感じなんで、いつものことで削る工具総動員できれいにします。
きれいにした後
周囲に削る工具が転がってますね。
 さて、次はアングルの取り付け。まずはいつものように材料に半田メッキ。
ギラッ☆ミ
そしてメッキ面を車体側、裾カッチンで取り付けます。
左右注意
これにて車体の半田付け作業は終了、だと思います。
ふぅ~~っ
 さて次は下回りなんですが、このキットの場合は色々とあるんで

超ぅ~~面倒くさい作業

があるんです。まあ余計なことをしなければどうって事無いんですけど、一応は最近のワシ仕様をねらっているんで、

床板の新製

から始めます。

つづく

2013/03/03

モワ51 屋根上配管

確定申告お済みになりました?

さとうです。これの続き。

 さて、次は配管関連に行きます。まずは、いつものようにエンドウさんの配管止めに合わせて元の配管止めの下孔を加工します。
結構面倒
どういう訳か母線配管用の下孔が空いていないので追加で孔明けします。で、その後、とりあえず配管止めを差し込んでみます。
結構がたがた
 次に配管です。このキットにも曲げ済みの真鍮線が入っているんですが、寸足らずなので新製します。ただ、前面に回って降りてくる配管はこれまで何度もやっているんですが、この車の場合は側面に回り込んで降りてきています。まあ少しその位置取りがややこしいんですが、どうにか合わせます。
母線はなました方がよかったかな(テヘ☆)
さて次は避雷器線です。これも寸足らずなのと避雷器との間に

絶対領域

が存在するので新製です。その辺に転がっていた0.4mm真鍮線で作成します。その後、マッハ模型の配管止めを差し込んで、
串刺し
下孔にはめて半田で固定。
1本ずつ差し込んでまとめて半田付け

絶対領域

はどうなったかというと、
まあ許せる範囲かと
ただこの配管、避雷器のこの位置に付くかは不明なんです。もしかすると、横に付くのかなぁ、と思ってるんですけどねぇ。ただいろんなところの写真を見ても判然としないんですよね。本当はいっそのこと、保存車にあやかってLA15みたいな避雷器にしようかと思ったんですが、パーツ箱を引っかき回しても在庫がなかったんでキット同梱品を使いました。
 これにて一応配管作業を終了。後はヘッドライトのステーを付けます。
モハ11より楽♪
エコーモデルさんのヘッドライトなんで、ステーの取り付け孔を空けての作業ですが、どうにか終了。
 これにて外装パーツの取り付け終了なんで、次はアングル付けと相成ります。

つづく

ホーム

Home

 

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

さとう利明

Author:さとう利明
記事は暇なら更新。あまり期待しないでご笑覧を!
カテゴリー欄はその車輌の投稿順になってます。まとめて読みたい方は対象物あるいは月別アーカイブからどうぞ。
お願い!
アダルトサイトへのリンク、もしくはアダルトサイトのURLが記載されているコメントは発見し次第削除します!
メールは下のメールフォームからどうぞ

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。