FC2ブログ

つらつら~~

個人的趣味の鉄道模型のやっつけ工作を中心に…。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/08/23

モオカ63 汚して組み立てて

すゎ!

さとうです。連日工作状態だったんですけど、ぼちぼち

世間並みに仕事

しなきゃならん状況になってきたんで

夏工作終了!

です。あ、でもまだ載せてない話があるんで

夏工作!の話

はしばらく続きます。てなもんでこれの続き!
 結構自家調色が多かったんでへろへろでタッチアップ終了した翌日、上塗りしてウェザリングをします。んでこのウェザリングの時、いったん動力ユニットに付けていた床下機器を元の床板に戻します。いやだって、

その方が保持しやすい上にパーツ管理が楽

なんだもん。
床下はもっと汚くしても良かったかも。
確か真岡鐵道さんは真岡以北が片勾配に近かったと思うのと、それこそ茂木の手前は結構勾配がきつかったなぁ、などといったイメージでやってみました。んでも、屋根上はもう少し排気管ピンポイントでもいいのかなぁ、と。
 さてあとは車体で唯一残している塗装です。とは言っても、ウェザリングの延長みたいな感じなんすけどね。前にも書いたんですが、やはりこの模型も帯のかすれとかが結構ありまして、さてこれをどうするか、という感じです。技法的には

墨入れ

と言う方法でして、薄く溶いたプラ用エナメル系塗料(パクトラタミヤ)を筋彫り付近に流します。うまくいくと、ほぼ補正なしで筋彫り部のみに塗料が流れてくれます。
しゃきっとします
まあうまくいかなかったけどね(^^;

一応、多少はパクトラ用の溶剤で拭き取ります。ただ、黒を使うよりは濃いめの茶色系統の方が良かったのかなぁ、とかと反省してますけどね。
 さてここまで行ったんで後は組み立て。まずは床板関連を組みます。床下機器を組み替えて、台車を組み立てればほぼ終わりです。
なんか1輛だけ違和感が…
その後はカプラー交換作業。1輛だけ先行試作しておいたんで残り3輛に組み込んでいきます。簡単に手順を言うと
  1.元のダミーカプラー用のボス受けの間にある突起に0.8mmの下孔を開ける。
  2.1.2mmのタップを切る。
  3.マグネマティック2004番の上に0.5mmのプラシートを貼って高さ調整する。
  4.1.2×6mmビス(16番用のパンタビス)で止める。
  5.ビスの当たる部分のスカートを削る。
という感じでしょうか。
ちまちま作業が多い
一応この車の場合、スカートは車端部パーツとかみ合うので接着剤不要で何とか止まります。
 さて後は上回りの組み立てなんすけど、いやこれが大変でしたねぇ、ガラスパーツの組み込み順とその時のコツをつかむのにエライ時間がかかってしまいました。まあ一応、組み込みも完了して完成しているので次は

完成報告♪

の方向性で。
スポンサーサイト

ホーム

Home

 

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

さとう利明

Author:さとう利明
記事は暇なら更新。あまり期待しないでご笑覧を!
カテゴリー欄はその車輌の投稿順になってます。まとめて読みたい方は対象物あるいは月別アーカイブからどうぞ。
お願い!
アダルトサイトへのリンク、もしくはアダルトサイトのURLが記載されているコメントは発見し次第削除します!
メールは下のメールフォームからどうぞ

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。