FC2ブログ

つらつら~~

個人的趣味の鉄道模型のやっつけ工作を中心に…。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/04/21

ウラヤス その1

さとうです。
 先日、当ブログの

親愛なる読者の方(男)

から電話がかかってきまして、急遽出かけることになりました。題して、

東日本大震災による液状化現象における鉄道構造物への影響並びに地域社会復興への取組

という方向性で出かけてきました。出かけた地域はタイトルの通りなんですが、待ち合わせ場所が東京駅だったもんでまずは京葉線で向かいます。
 さてこの京葉線。東京から新木場までは

地下

なんで、さほどどうってこと無く新木場駅までご到着です。で、その後、高架区間に入ったとたん、

なんか横揺れが激しくね?

と言う感じでした。乗った電車は快速蘇我行きだったんで、葛西臨海公園は通過。次の舞浜では

営業再開の夢の国

へのお客さんが多数下車していらっしゃいました。で、大揺れに揺れて蘇我にご到着です。
 駅前の雰囲気としては、何となく道がうねっているかな、と言う感じのみで、駅前の店も

普通に営業中

でした。
 蘇我駅での見聞を広めた後、今度は快速東京行きで折り返しです。

節電運転

の影響で室内灯並びに空調切り状態の電車で、正直言って若干車内が蒸し暑かったので、車掌さんも「窓開け推奨」の放送を入れていました。まあワシらは、

この道すでに40年近く

のベテランさんですんで、電車の窓明けくらい普通にこなします。おじさんたちが子供の頃ってのは、

窓開けて走る電車

ってのが普通だったんだよ。
 ところが、

最近の若いモンは、


電車の窓が開くことを知らない

ようでして、電車の窓は飾りモンで全てロックがかかっていると思っていたようです。まあ確かに、開け始めってのは若干堅めだったりするので開け難いんですが、くれぐれも言っておきます。

電車の窓は基本的に鍵はかかっていません!

もし若干コツがあるとしても

子供でも開けられます!

ですので、これからの季節、冷房電源の節電のためにも、必要ならばみんなで、

開けられる窓は開けましょう。

きっと、「季節の風」を感じることが出来ます。
 さて、せっかく来たんだからどこかで降りるべ、と言うことで、

営業再開した夢の国

の最寄り駅である

舞浜

に降りてみました。
 長くなりそうなので続く
関連記事

≪ ウラヤス その2ホーム大糸線の旧国 前面の形成 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

さとう利明

Author:さとう利明
記事は暇なら更新。あまり期待しないでご笑覧を!
カテゴリー欄はその車輌の投稿順になってます。まとめて読みたい方は対象物あるいは月別アーカイブからどうぞ。
お願い!
アダルトサイトへのリンク、もしくはアダルトサイトのURLが記載されているコメントは発見し次第削除します!
メールは下のメールフォームからどうぞ

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。