つらつら~~

個人的趣味の鉄道模型のやっつけ工作を中心に…。

2012/08/18

12系客車(N) 帯の修正

どもです。さとうです。ぼちぼち休暇終了です。
 前にも書いたことがあるんですが、このブログはリアルタイム進行じゃないんでねぇ。現在記事にしている12系客車の場合は、7月末には上がってます。まあほら。一応、

世間様に公開する

となると、

できませんでした(¨;)

じゃ済まされない場合もあるんで。まあ失敗したのも公開するというのも、他人様から見ればよい参考になるときもあるんですけどね。
 まあそんなこんなでこれの続き

 さて、室内壁面の塗り分けをした後、窓周辺のはみ出しの補正をします。窓の断面なんてガラス入れればほとんど見えないっしょと思ったそこのあなた、

甘いぜ甘いぜ

これが結構見えるんよね。まあ面積自体が小さいので純正の補正用塗料を使わなくても市販の調色塗料で大概は何とかなるんですけどね。
 さてこの客車の場合、窓の下には白帯があります。塗装修正で失敗すると、この帯を消してしまうことがあるんです。まあ扉の場合は元々消す予定だからどうでもいいとして、それ以外の所はうっかり消してしまうと後が大変なんです。何せこの帯、実物で窓下が80mm、車体裾が60mmなんで、Nゲージに換算すると

窓下が約0.5mm、車体裾が約0.4mm

と言う微妙な寸法なんです。いえね、19年前とか14年前、この子たちをいじったとき、あっちこっちの車体帯をうっかり消してしまっているところがたくさんあるんです。そこで、今回はできるだけそれらの帯も復活させてみようと言う感じです。
 まずは、うっかり消してしまっている帯周辺について、残っている帯を目安にしてマスキングテープを貼ります。
なんか痛々しい
んでその後、帯色として
 GM #21 アイボリーA
を塗ります。元の帯が青塗装の上の印刷表現なんで少しニュアンスが違うんですけど、実物の帯色はクリーム10号(1.5Y 9/1.3)という色で真っ白ではないんでこの辺りが良いかと。
 もちろんマスキングしたからと言って

一発で決まるわけがありません。

若干帯部分が太くなったような気がするんで、今度は帯幅のテープでマスキングして青20号(4.5PB 2.5/7.8)で補正します。
こう言うのをイタチごっこと言います
上の帯は0.5mmのICテープ、下の帯は0.4mmのマイクロマスキングテープです。
まあそんなこんなで見られる範囲に落ち着いたかな、と言うことで妥協します。
ふぅ~~っ
人間、最後は妥協なんだよ!

なんかワシ、工作についてもその他の生活についても

妥協することが多い

よなぁ。まあもうちっと

熱い思いと鋼のような信念

を持っていれば色々とうまく行ったのかなぁ(後はゴニョゴニョ)
 とまあこれにて車体は上がったと言うことにして、次は室内椅子板の塗装修正と言うことで。

修正したら続く
関連記事

≪ 12系客車(N) 椅子板の塗装ホーム12系客車(N) 帯消しその他 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

 

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

プロフィール

さとう利明

Author:さとう利明
記事は暇なら更新。あまり期待しないでご笑覧を!
カテゴリー欄はその車輌の投稿順になってます。まとめて読みたい方は対象物あるいは月別アーカイブからどうぞ。
お願い!
アダルトサイトへのリンク、もしくはアダルトサイトのURLが記載されているコメントは発見し次第削除します!
メールは下のメールフォームからどうぞ

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード